カリフォルニアの荒野をレンジローバーで駆け巡る、冒険好きの女性航空宇宙技術者

  • 写真:鈴木香織(P1〜2)
  • 写真:キーロン・バーント(P3)
  • 文:稲石千奈美

Share:

  • Line

レンジローバーは豊かな生活を演出する魔力が備わっている。アメリカで航空宇宙技師として働き、運命の巡り合わせでレンジローバーを手に入れたオーナーに話を訊いた。

DMA-1-025_Pen_EliseTalley_KaoriSuzuki.jpg

エリース・タリー●ユタ州出身。幼少時からアメリカ西部の自然とヴィンテージカーを愛し、3年前からLAに。スペースX社の航空宇宙技術士として働くかたわら、自動車デザインコンサルティングスタジオ「オイルステインラボ」では機械技術や写真を担当。

6年前、運命の巡り合わせで手に入れた「レンジローバー・クラシック」は、シルバーのショートホイールベース。ディテールをコツコツと自分好みにレストア中。ロサンゼルスの日常生活でも、オフロードでも大切な相棒で、一生付き合っていくつもりだ/1990 Range Rover Classic

「どうしてこれほど古いクルマが好きなのか、誰もわからないの」と笑うのは、スペースX社でファルコン9ロケットを担当する宇宙技術者のエリース・タリー。ユタ州の田舎町に暮らしていた少女は、4歳から家族や友人を困惑させるほどクルマに興味をもっていた。自宅のガレージに放置された不動のBMWの運転席でハンドルを握ったり、母とガレージの外に押して出して洗車したりと、とにかくクルマに夢中だった。

16歳で運転免許を取得後は、さらにクルマ熱が加速した。古いジープに続き、2台目にはランドローバー・ディスカバリーを購入。本当はレンジローバーが欲しかったが、ユタ州の田舎町では滅多に見ることのないクルマ。大学在学中に地元の中古車売買サイトで見つけたレンジローバーは手が届かない価格だった。

気落ちして行きつけのカフェに出掛けると、なんと店の前にそのレンジローバーが駐車されている!即座に所有者と話し、試運転もさせてもらうが2000ドルという値段は、当時のタリーには無理な金額だった。悶々とした気持ちで帰宅した彼女がポストで見つけたのは、通っていた大学からの授業料超過支払い分2000ドルの小切手入り郵便だった。

こうした運に恵まれて翌日にレンジローバー・クラシックを手に入れた大学生は、授業をすっぽかしユタ州の名所、ボンネビル・ソルトフラッツへ初ドライブに出かけた。干上がった塩湖の幻想的な広原で心ゆくまで疾走した。

---fadeinPager---

DMA-2-094_Pen_EliseTalley_KaoriSuzuki.jpg
エリースのパートナー、イリヤ・ブライダンらが主宰する「オイルステインラボ」は自動車を中心としたデザインコンサルタントで、クルマに情熱を注ぐエリースも主要なスタッフ。ポルシェはブライダンが所有する一台。

そんな運命の出合いをした1990年式レンジローバーの愛称は、大好きな俳優のヴィゴ・モーテンセンからとった「ヴィゴ」。もちろん、いまも所有する。連邦政府が管理する広大な土地が広がるユタ州は、クルマでオフロードを走ることが許されている。赤土の原野や岩山を自分のリスクで駆け巡ることができるのだ。

---fadeinPager---

妥協せず手作業で、自分好みの走破性とデザインを追求する

cf36c83abee47f2cd735d7530a693ccbeb54ea5e.jpg
c4a038a2f595fc2b4036f8bc48247df2fe0fb543.jpg
左:パームスプリングスに近いトーマス山でオフロードとキャンプをした週末。ショートホイールベースでも後部座席を外せば、寝袋が敷ける。リアゲートを開ければ荒野が広がる特別なベッドだ。 右:機械技術者のためのマニュアル本、スペースXやNASAのミッションパッチに加え、レモンイエローのカメラ、レコードプレーヤー、関節が動く手の模型など、タリーが愛するアイテムの数々。

「私の友だちはオフロード車に興味がなかったから、付き合ってくれる人は少ないの。危険だけど単身で出掛けることもあった」というタリー。修理もチューニングもすべて自分の手で行う彼女は、地元ランドローバーのサービス部メカニックたちとも親しくなり、ときには修理方法を教えてもらったり、特殊工具なども貸してもらったりする関係になった。

---fadeinPager---

DMA-5-BURST20200524093550710_COVER.jpg
「レンジローバー・クラシックの直線的なデザインも実直なメカも好き」というエリースは車高を3インチ上げて、軍仕様の丈夫なオフロードタイヤを履かせている。機能性だけでなく、全体の美しさも彼女は重視する。

「幼い頃から古い目覚まし時計やタイプライターが好きで、解体して修理するのが得意だったの。古いものは正直だから、仕組みがわかって、部品があれば、きちんと直る」と言う。

「仕事を除けば、いつもクルマのことばかり考えている。次はなにをしよう、どこに行こうかと。ヴィゴは大切な友達で、数日でも離れれば淋しく、たぶん一生手離せない存在」

タリーは時間を見つけては、近くの山や砂漠にヴィゴと出かける。次に目指す目的地は故郷ユタ州にあるオフロード車乗りの聖地「モアブ」。愛車ヴィゴとさらなる限界に挑む予定だ。

---fadeinPager---

DMA-4-DSC07714_(1).png
タリーの休日は、まさにクルマ三昧。オイルステインラボで所有するクラシックカーのアルミボディレストアはカントリーサイドの工房でしか出来ない。その工房に作業の手伝いに行ったときは、必ず山のオフロードを愛車で走ってリフレッシュ。大自然が広がる山間部で一晩を明かし、翌日はまた地味で長い時間がかかるレストアの作業に戻る。

関連記事

※この記事はPen 2022年9月号「レンジローバーで走れ!」特集より再編集した記事です。
Pen9月号_表紙_RGB_転載.jpg

Hot Keywords