ブランドの本気が垣間見える、2022年新作の複雑機構モデル11選

  • 文:笠木恵司

Share:

今春発表された新作腕時計の中から、トゥールビヨンやパーペチュアルカレンダーなどの「複雑機構」モデルを紹介する。

グランドセイコー「Kodo(鼓動)コンスタントフォース・トゥールビヨン」

23d00e54ea7cccc336f29cdc071b8f757278cb68.jpeg
「グランドセイコーKodo(鼓動)コンスタントフォース・トゥールビヨン」。ゼンマイトルクの強弱にかかわらずテンプに一定のエネルギーを供給する「コンスタントフォース」機構と「トゥールビヨン」を同軸で一体化した世界初の超複雑モデル。手巻き、プラチナ950、ブリリアントチタンケース、ケース径43.8㎜、パワーリザーブ約72時間、世界限定20本、¥44,000,000、10月21日発売予定。

グランドセイコーは2017年にブランドとしてセイコーから独立。ラインナップを急速に拡充するなど快進撃を続けてきたが、ウォッチズ&ワンダーズ 2022では世界でも初となる新機構を発表した。

【続きはこちらから】グランドセイコーから世界初の超複雑機構!

ヴァン クリーフ&アーペル「レディ アーペル ユール フローラル ウォッチ」

1023af921a11103cbcbbb61fa987cba2470f4518 (1).jpeg
ダイヤルにちりばめられた12個の花の開閉で時間を告知するヴァン クリーフ&アーペル「レディ アーペル ユール フローラル ウォッチ」。自動巻き、ホワイトゴールド、ケース径38㎜、¥31,020,000(予価)。1時間おきに花が閉じて別の花が咲く。時刻はケースサイドの小窓からうかがえる分表示により確認できる。ピンク色の桜をアレンジした「レディ アーペル ユール フローラル スリジエ ウォッチ」もラインナップ。

針もインデックスもなく、花の開閉だけで時間を告知する腕時計に、太陽系の惑星の動きを忠実に再現する立体的なプラネタリウム。ヴァン クリーフ&アーぺルは創業100周年を迎えた2006年に時計づくりの新しい概念「ポエティック コンプリケーション」を発表して機械式の複雑メカをロマンティックな腕時計に導入してきたが、2022年のウォッチズ&ワンダーズ ジュネーブでは格段にアップグレード。

【続きはこちらから】花が咲く腕時計と立体プラネタリウムが時の経過をポエティックに表現。

---fadeinPager---

エルメス「アルソー ル タン ヴォヤジャー」

d1f922c8205dba4fb477b6f7c56d9367461c8e54.jpeg
「アルソー ル タン ヴォヤジャー」。時分針をもつインダイヤルが外周の世界24都市に沿って移動。赤い三角がポイントした都市の現在時間を表示する、これまでになかったワールドタイムの解釈だ。ケース左側のボタンでインダイヤルが反時計回りに移動する。12時位置にホームタイム表示。自動巻き、プラチナケース、ケース径41㎜、パワーリザーブ約40時間、3気圧防水、¥3,443,000(税込予価)、11月1日発売予定。©Joël Von Allmen

ケース左側のボタンを押すと、「アルソー」特有の流れるような数字フォントをもつインダイヤルが世界24都市の名称が記された外周に沿って反時計回りに移動。同時に時針が1時間ずつ進んで現在時間を表示する。エルメスの新作「アルソー ル タン ヴォヤジャー」は直訳すれば「旅人の時間」となるが、まったく新しいスタイルのデュアルタイムであり、ワールドタイムの新解釈ともいえるだろう。

【続きはこちらから】エルメスから革新的なデュアルタイム

ルイ・ヴィトン「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」

64343a413d83990006dc44afef655b812ef5f07c (2).jpeg
「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」。キューブが回転することで時間を告知する「スピン・タイム」にLEDの発光機能を追加した新作。機械式の複雑時計に最先端の光学テクノロジーを融合している。自動巻き、チタンケース、ケース径42㎜、パワーリザーブ約35時間、5気圧防水、¥10,750,000(税込参考価格)。

ルイ・ヴィトンが革新的な複雑機械式時計「スピン・タイム」を発表したのは2009年。サイコロのような12個のキューブをインデックスとして、これが1時間ごとに回転する立体感と遊び心にあふれたメカニズムが世界を驚かせた。以来、さまざまなバリエーションを展開してきたが、2022年はキューブがあたかも自発光するように見える「タンブール スピン・タイム エアー クァンタム」が登場。

【続きはこちらから】ルイ・ヴィトンから複雑機械式時計が登場!

---fadeinPager---

シャネル「J12 ダイヤモンド トゥールビヨン」

7cd23540414408a8a70fbb217e9d010da2074d09 (1).jpeg
「J12 ダイヤモンド トゥールビヨン」。1分で1回転するトゥールビヨンの中央で特別にカットされたダイヤモンドが輝く。ケースバックから見えるムーブメントも、歯車の円をベースモチーフとして美麗にデザインされている。手巻き、ブラックセラミック&SSケース、ケース径38㎜、パワーリザーブ約42 時間、世界55本限定。¥12,430,000

シャネルがウォッチズ&ワンダーズ2022で発表した新作は本数限定のリミテッドエディションがほとんどだが、その中でも最高峰に位置するのが「J12 ダイヤモンド トゥールビヨン」だ。前面にブリッジのない自社製フライングトゥールビヨンはシャネル初。

【続きはこちらから】シャネルから初の自社製フライングトゥールビヨン

ブレゲ「マリーン オーラ・ムンディ5557」

d9377e7d5705f2ec61d35a1b7ef7fe52a5c4f576 (1).jpeg
「マリーン オーラ・ムンディ5557」。ダイヤルの波形ギヨシェ彫りが特徴的なスポーツコレクションにインスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムを搭載。6時位置の都市表示に対応して、時針が瞬時に現地時間にジャンプする。自動巻き、18KRGケース、ケース径43.9㎜、パワーリザーブ約55時間、ラバーストラップ、10気圧防水、¥8,921,000(税込)

ブレゲでは10気圧防水のスポーティなコレクション「マリーン」に、3年を費やして4件の特許を取得した独自開発のムーブメントを搭載。インスタント・ジャンプ・タイムゾーン表示システムを備えた「マリーン オーラ・ムンディ」として発表した。

【続きはこちらから】ブレゲ「マリーン」に独自機構のデュアルタイムを搭載。

---fadeinPager---

ジャガー・ルクルト「ポラリス・パーペチュアルカレンダー」

df38e2109099e020963735cb83bb9c0c2ce75fc7.jpeg
「ポラリス・パーペチュアルカレンダー」。2018年に登場したスポーティでエレガントなコレクションに永久カレンダーを搭載。自動巻き、18KPGケース、ケース径42㎜、パワーリザーブ約70時間、100m防水、¥6,204,000(税込)、今夏予定。

6時位置に南北両半球のムーンフェイズを搭載。時計が動き続けている限り、閏年の例外年である2100年まで手動調整は一切不要の永久カレンダー。このモデルのシグネチャーである回転式インナーベゼルで経過時間の測定も可能(60分まで)。ストラップはイージーチェンジャブルシステムで簡単に交換可能。

ユリス・ナルダン「フリークS」

7f1d78f147c1485ba0d77c4aaae6a0a0fc5cec2c.jpeg
「フリークS」。2001年に発表されてから革新を続けてきた驚異の超複雑時計の最新作。自動巻き、ブラックセラミック+チタン+18Kローズゴールドのケース、ケース径45㎜、パワーリザーブ72時間、¥16,500,000、世界75本限定(年内に40本生産予定)

まるでロケットのようなムーブメントがダイヤル上を自ら回転して時分を表示。テンプを2つ搭載しており、相互に補正し合うことで高精度を実現するという。2018年に初めて登場したオートマチックモデル「フリーク ビジョン」から継承した自動巻き機構「グラインダー」も改良。手首のわずかな動きでも効率的にゼンマイを巻き上げる。

パテック フィリップ「年次カレンダー・トラベルタイム5326」

f43e593c11f5812b8c71aa4c8d1bb9a181800864.jpeg
「年次カレンダー・トラベルタイム5326」。年次カレンダーとデュアルタイムという2つの複雑機構を初めて統合。自動巻き、18KWGケース、ケース径41㎜、パワーリザーブ約48時間、3気圧防水、¥8,888,000

3月1日のみ調整が必要な年次カレンダーと、センターの第2の時針がセカンドタイムゾーンを表示するトラベルタイムを統合した新作。ケース側面にホブネイル・パターンと呼ばれる細かな刻みを施した新しいケースを開発。ヴィンテージスタイルのダイヤルも魅力。

ショパール「アルパイン イーグル フライング トゥールビヨン」

97e266ecd55d2de4117cfc553c583b70c8c79935.jpeg
「アルパイン イーグル フライング トゥールビヨン」。2019年に誕生した新コレクションにフライングトゥールビヨンを搭載。自動巻き、ルーセント スティール A223ケース&ブレスレット、ケース径41㎜、パワーリザーブ約65時間、100m防水、¥15,645,300(税込予価)、年内発売予定。

ケース一体型のブレスレットを備えた高級スポーツモデルとしてバリエーションを拡大してきたコレクションに複雑機構のフライングトゥールビヨンを搭載。ケース&ブレスレットは輝きのあるSS合金「ルーセント スティール A223」。耐久性にも優れている。

リシャール・ミル「RM 47 トゥールビヨン」

2cb8000eaf8aef88aeca596a49038a8f023ea540.jpeg
「RM 47 トゥールビヨン」。日本文化への賛美として、武士道の精神が宿る甲冑の彫刻をケース内に収納。手巻き、18KYGケース、ベゼルとケースバックはTZPブラックセラミックス、サイズ42.70×16.25×50.00㎜、パワーリザーブ約72時間、5気圧防水、世界限定75本、¥136,400,000(税込)

ケースバックからも視認できる甲冑はすべて手彫りの18KYG製。このスペースを確保するために、極めてコンパクトなムーブメントが開発された。討ち入りで知られる赤穂浪士の主君だった浅野家の家紋をトゥールビヨン上に大きくアレンジ。リューズトップには儚い命にたとえられるイロハモミジのモチーフ。

関連記事