少女の心の機微を描いた、カナダ発のグラフィック・ノベル『THIS ONE SUMMER』

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

A.jpg
『THIS ONE SUMMER』マリコ・タマキ 作 ジリアン・タマキ 画 三辺律子 訳 岩波書店 ¥2,420

【Penが選んだ、今月の読むべき1冊】

10代の少女ローズと友人のウィンディが、湖畔の別荘地で過ごすひと夏を描いたカナダのグラフィック・ノベル。ローズが大人と子どもの世界を行き来する様子をイラストとセリフで表現し、アメリカの児童図書館協会が主催するコールデコット賞など、多数の文学賞を受賞した話題作だ。両親の不仲に胸を痛め、心配してくれるウィンディの母親を拒絶し、地元の食料雑貨店の店員にひそかな恋心を抱くローズの繊細な感情の動きを、表情やしぐさを通じて見事に描写している。

関連記事

少女の心の機微を描いた、カナダ発のグラフィック・ノベル『THIS ONE SUMMER』

  • 文:今泉愛子

Share:

  • Line

Hot Keywords