世界最高峰の工業デザイン賞が、一挙に見られる博物館は必見

  • 文:坂本きよえ(STUDIO SAKAMOTO)

Share:

  • Line

MILAN ミラノ
イタリア

DMA-2-_Martina_Bonetti_ADI_DESIGN_MUSEUM_DAL_CUCCHIAIO_ALLA_CITTA05.jpg
Ⓒ Martina Bonetti

デザイナー、ジオ・ポンティの発案によって生まれた世界初のデザイン賞といえばコンパッソ・ドーロ賞。美しいデザインの工業製品を対象とし、1954年に創設された。イタリアの優れたデザインのなかから生え抜きの作品を選ぶため、一部では世界一のデザイン賞として賞賛されている。

受賞作の総数は、67年間で約2400。そんな作品群を集めて今年5月にようやくオープンしたのがADIデザインミュージアムだ(一般12ユーロ)。写真上は77年受賞のヴィコ・マジストレッティのATTOLOライト、下は2012年に発表されたフェラーリF12ベルリネッタ。さまざまな工業デザインが、年代別に展示されていて楽しい。

www.adidesignmuseum.org

DMA-3-_Martina_Bonetti_ADI_DESIGN_MUSEUM_DAL_CUCCHIAIO_ALLA_CITTA07.jpg
Ⓒ Martina Bonetti

関連記事

世界最高峰の工業デザイン賞が、一挙に見られる博物館は必見

  • 文:坂本きよえ(STUDIO SAKAMOTO)

Share:

  • Line

Hot Keywords