作品や人との出会いを楽しみながら、最終的に歌舞伎につながっていけたらいい

    Share:

    • Line
    PROMOTION
    31尾上右近俳優

    作品や人との出会いを楽しみながら、
    最終的に歌舞伎につながっていけたらいい

    各界で活躍する方々に、それぞれのオンとオフ、よい時間の過ごし方などについて聞く連載「MY Relax Time」。第31回は、歌舞伎役者の尾上右近さんです。「五月大歌舞伎」の『三人吉三巴白浪』では初めて歌舞伎座で大役を勤めた一方、NHK大河ドラマ『青天を衝け』をはじめ、俳優としても活躍されている右近さん。7〜8月には「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」への出演も予定されています。

    写真:殿村誠士 構成:和田達彦 スタイリスト:三島和也(Tatanca) ヘア&メイク:晋一朗(IKEDAYA TOKYO)  

    尾上右近(おのえ・うこん)●1992年、東京都生まれ。清元宗家七代目の清元延寿太夫の次男。曾祖父は六代目尾上菊五郎、母方の祖父は俳優の鶴田浩二。七代目尾上菊五郎のもとで役者としての修行を積み、7歳で歌舞伎座『舞鶴雪月花』の松虫で本名の岡村研佑として初舞台。12歳で新橋演舞場「人情噺文七元結」の長兵衛娘お久、『喜撰』の所化で二代目尾上右近を襲名。2015年から自主公演「研の會」を主宰。18年1月清元栄寿太夫を襲名。

    自分にとって、歌舞伎は人生の中心にあるもの。しかし歌舞伎だけにならないほうがいいとも思っています。いろいろな仕事に挑戦する機会をいただいていますが、作品や空間、人との出会い、そうした縁を楽しみながら、最終的に歌舞伎のために生きていけたらいい。仕事によって役割やアウトプットの仕方は違いますが、どの瞬間を切り取っても歌舞伎につながっている気がします。7月から出演する「ミュージカル『衛生』~リズム&バキューム~」は、“悪”がテーマにもかかわらず、音楽によって気分が高揚し、愉快な気持ちで観てしまうような作品です。ミュージカルは歌舞伎での音楽、つまり清元の歌の部分を役者が自分で担当するようなものですが、歌舞伎でも音はとても重要で、音が人の感情を揺さぶるという点で共通するものがあると思います。

    休日には、よく歌舞伎の映像を観ています。役の参考にするための場合もありますが、それとは関係なく、貴重な古い映像などもいただいたり借りたりして集めています。昔の歌舞伎は、いまとは違うやり方だったり、また同じことをしていても新しく見えたりして、そこに先輩方の芸を発見して感動する。その感動が、自分が表現するうえでいちばんのエネルギー源になっています。コレクションの中でも厳選した作品が20本ほどあって、元気を出したい時にはそれを観ます。経験を積むと気づくポイントも変わったりして、何度観ても色褪せることがないですね。ずっと舞台に出続けていてまとまった休みはないですが、自分の中では「休む=逃げる」という感覚があって、いざ休みになると罪悪感で不安になっちゃうんですよ。休みたいと自然に思えるようになるまで、しばらくはこのままでいいかな。

    日常の気分転換法は、散歩。特に地方に行った際は、時間があると宿の外を歩きます。なにも考えずに漠然と歩いて、気になった服の店や喫茶店があるとふらっと入る。喫茶店は新しいカフェより、たばこを吸う姿が様になるような昔ながらの喫茶店が好きですね。たばこといえば、いまも舞台上での喫煙シーンがOKかよく分からないのですが、24歳の時に歌舞伎で煙管をくゆらすシーンを演じる機会があって、役作りのために日常でも煙管でたばこを吸っていました。舞台の上で台詞を言いながらたばこ入れから煙管を出し、刻みたばこを詰めて火をつけて吸う。この一連の動作を手慣れた感じで行うには、普段からしておかないとだめなので。実際に本番の舞台上でも火をつけて一服するんですが、これがおいしかった。危うく台詞をとちりそうになりました(笑)。喫煙にはいろいろな側面があるんだとあれほど実感したことはなかったですね。


    ミュージカル『衛生』〜リズム&バキューム〜
    演劇界の奇才・古田新太と、ドラマ『あなたの番です』の脚本家・福原充則の発案から始まった本作は、悪事に手を染めながらも自らの人生を生き抜く人々の物語。排泄物を肥料として扱う業者一家の悪行三昧を、ポップかつグロテスクにそれでもどこかあっけらかん と、音楽に乗せて描いていく異色ミュージカル。

    【出演】古田新太  尾上右近  咲妃みゆ  石田 明(NON STYLE)村上 航  佐藤真弓  ともさかりえ  六角精児 ほか
    【脚本・演出】福原充則
    【音楽】水野良樹(いきものがかり)/益田トッシュ
    【振付】振付稼業air:man
    【料金】A席:¥ 10,000〜(税込・全席指定)
    https://musical-eisei.com

    <東京公演>
     ■日程:2021年7月9日(金)~25日(日)
     ■会場:TBS赤坂ACTシアター

     <大阪公演>
     ■日程:2021年7月30日(金)~8月1日(日)
     ■会場:オリックス劇場

     <福岡公演>
     ■日程:2021年8月9日(月)~11日(水)
     ■会場:久留米シティプラザ

    問い合わせ先/JT

    www.jti.co.jp

    作品や人との出会いを楽しみながら、最終的に歌舞伎につながっていけたらいい

      Share:

      • Line

      Hot Keywords