80年代に"未来"を象徴していた、カシオのデータバンクシリーズ

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

80年代に"未来"を象徴していた、カシオのデータバンクシリーズ

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

「CA-50」の後継機となる復刻モデルの「CA-53W-MOD」。ムーブメントはクォーツで、重さは約25gと軽い。計算機能以外にもアラームやストップウォッチ機能を搭載。防水機能まで付いている。¥5,500(税込)/カシオ スタンダード

タイムトラベルものの映画において、時計はとても重要な小道具だ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85年)ではタイトルバックの前に時計の音が聞こえ、映画がスタートすると壁時計や置き時計、目覚まし時計がたくさん映し出される。実はこの場面で後半のドク(クリストファー・ロイド)の運命を連想させる置き時計が画面に登場する。興味がある人はぜひビデオでじっくり見てみるといい。

主人公マーティ(マイケル・J・フィックス)がロールアップしたデニムブルソンの左腕にいつも着けていた腕時計が、カシオ スタンダードのデータバンクシリーズ「CA-50」というモデルだ。このモデルはすでに廃番になってしまったが、ほとんど同じデザインの「CA-53W」が後継機としていまでも復刻されることがある。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズでこの時計がよく見えるのが1作目だ。JVCのビデオカムでデロリアンとドクを撮影しているマーティの左腕に、この時計のテンキーがはっきりと映る場面がある。実は1作目でも2作目でも、宣伝用のポスターにこの腕時計が描かれていることをご存知だろうか。1作目のポスターではマーティがこのデジタル時計を凝視しているようにも見える。

もともと計算機メーカーとして創立したカシオが、世界初のオートカレンダーを搭載した電子腕時計「カシオトロン」を発売したのが1974年。電話番号を記憶できるデータバンクシリーズの「CD-40」が発売されたは84年。この「CA-50」も84年にデビューを果たしたと言われる。

カシオがつくったこのデジタルウォッチ、液晶画面の下にテンキーが並ぶ近未来的なデザインで、電卓で計算もできるしストップウォッチやアラーム機能までも付いている。スマートフォンどころか携帯電話さえもまだまだ普及していなかった80年代において、このモデルはいわばスマートウォッチ。十分未来的であったに違いない。

「未来は決まっていない。未来は自分で切り開くものだ」。PART3のエンディングでドク(クリストファー・ロイド)が親友マーティに向かって語りかける言葉だ。この時計も未来を切り開いてきた1本に違いない。

計算機でスタートしたメーカーだけに、液晶画面の下にテンキーを付けた。もちろん計算もできる。当時としては十分未来的なデザイン。

ボディが樹脂製でも裏蓋にヘアライン仕上げのメタルを使っているところが、ヘビーデユーティーなカシオらしいデザイン。

8mm厚の薄さなので腕へのフィット感もいい。本体と同じ合成樹脂のベルトも曲がりやすく、身に着けやすい。

問い合わせ先/ウォッチショップ エル TEL:03-3746-7893

https://www.watchshop-l.com/

80年代に"未来"を象徴していた、カシオのデータバンクシリーズ

  • 文:小暮昌弘(LOST & FOUND)
  • 写真:宇田川 淳
  • スタイリング:井藤成一

Share:

  • Line

Hot Keywords