マーティのイメージを決定づけた、レンガ色のダウンベスト

マーティのイメージを決定づけた、レンガ色のダウンベスト

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

生きているということ以上にエキサイティングなことがあるだろうか。生きていればこそ奇跡が起こり、英雄的な偉業も達成される。映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(1985年)の台詞にあるように、われわれが向かう先に道など必要ないのだ。映画が公開された翌年、第40代アメリカ大統領ロナルド・レーガンは、アメリカ議会の一般教書演説でこの台詞を引用しながら未来を語った。それほど影響力があった映画と見て間違いない。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は、アメリカの高校生マーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が、彼の親友で科学者のエメット・ブラウン、通称ドク(クリストファー・ロイド)の愛車デロリアン=タイムマシンに乗り、30年前の1955年にタイムスリップして両親の恋路を助ける物語だ。見事大ヒットを遂げ、89年には舞台を2015年に設定したPART2、翌90年には1885年へタイムスリップするPART3が製作され、シリーズ全作が大ヒットを遂げた名作である。今回は主人公マーティが1作目で身に着け、その後シリーズを通して登場し続ける80年代の名品たちの話をしよう。

表面にコットン65%×ナイロン35%のオリジナル「ロクヨン」クロス、裏面にリップストップナイロンを配したリバーシブル仕様のダウンベスト。中綿はダウン70%に、フェザー30%をミックスした本格派。両脇にハンドウォーマーを兼ねたポケット。映画で登場するベストよりも濃い色合いとなっている。レトロなアウトドアスタイルを感じさせるアイテムだ。¥20,680(税込)/クラスファイブ

主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)のイメージを決定付けたのは、レンガ色のダウンベストに違いない。彼はパッチワークのデニムブルゾンの上からダウンベストを重ね着しているが、いかにも80年代風ではないか。2009年の英国のガーディアン紙のインタビューで「(駐車場での撮影が)本当に寒くて、そう...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
マーティのイメージを決定づけた、レンガ色のダウンベスト