たくさんの人が動く、
エネルギーを感じる空間が好き。

    Share:

    • Line
    PROMOTION
    17辛酸なめ子漫画家/コラムニスト

    たくさんの人が動く、
    エネルギーを感じる空間が好き。

    各界で活躍する方々に、それぞれのオンとオフ、よい時間の過ごし方などについて聞く連載「MY Relax Time」。第17回は、さまざまなテーマで数多くのコラムを執筆し、丁寧な語り口、独特な画風の中に皮肉や自虐を織り交ぜた文や漫画が多くの人の心を引きつけている、辛酸なめ子さんです。

    写真:江森康之  構成:和田達彦

    辛酸なめ子(しんさんなめこ)●1974年東京都生まれ、埼玉県育ち。武蔵野美術大学短期大学部デザイン科グラフィックデザイン専攻在学中からイラストレーター、ライターとして活動し、1994年、GOMES漫画グランプリでGOMES賞を受賞。著書に『女子校育ち』(ちくまプリマ―新書)、『辛酸なめ子の現代社会学』(幻冬舎)、『大人のコミュニケーション術』(光文社新書)、『魂活道場』(学研プラス)、小説『ヌルラン』(太田出版)など多数。

    ずっと興味をもって取り組んでいるテーマは、皇室を含めた王侯貴族の生活やセレブ、世の中で流行っているもの、ガジェット、スピリチュアルに陰謀論など。中には世間から怪しまれがちなテーマもありますが、私は見放されてるのか(笑)、あまり怪しまれていないみたいです。連載の本数はちゃんと把握していないのですが、毎日何かしら原稿を書いている感じですね。でも家にこもっていると華やかな場所に行きたくなるので、週に3、4日はどこかしらに出かけています。とくに商業施設の新規オープンだとか、街のイベントやお祭りはいつもチェックしていて、よく行きます。そういった巨額のお金が動いたり、たくさんの人の力を結集してできたものは、強いエネルギーを感じられる気がして好きなんです。

    そうしてプライベートで出かけた先で体験したことをコラムに書いたりするので、半分は趣味ですが、半分は仕事みたいなもの。だからある時、人から趣味を聞かれて「趣味はない」と言ったら、「なんて虚しい人生」だと憐れまれてしまった。じゃあ趣味をつくろうと思って、自然に触れてみてはどうかという知人の意見を参考に公園に行ってみたのですが、5分でやることがなくなりました(笑)。また友人からウクレレをもらったのですが、『スター・ウォーズ』の『帝国のマーチ』を何度か弾いたら満足してしまいました。続けるのは難しいです。無理に趣味をつくろうとしてもダメみたいですね。ただ、最近はアロマに凝りだして、こちらは長く続きそうです。アロマテラピー検定も受けたんですよ。温めたお湯に1滴垂らしたり、スティックを手にちょっとつけて嗅いだりすると気持ちが落ち着きます。

    美大生時代、まわりはみんなたばこを吸っていて、その姿に独特の雰囲気を感じていました。でも吸っていない私が急に吸い出したら「あっデビューしたんだ」と思われる。それが恥ずかしくてためらっているうちに、タイミングを失ってしまいました。いまは喫煙者に対しては「税金を納めている方」というイメージ。でも昨年TV番組で審査員をした時、他の審査員の方が休憩時間に喫煙所でたばこを吸いながら語らっているのを見て、社交ツール的な意味もあるんだなと感じました。真偽のほどは定かではありませんが、たばこの煙は霊を寄せつけないと聞いたことがありますし、私はにおいはあまり気にならない。ただ吸い殻のポイ捨てなどは気になります。以前、表参道でゴミ拾いのボランティアに参加したことがあったのですが、思っていた以上にたくさんの吸い殻が落ちていました。一部の方がマナーを守らないと、マナーを守っている人までそう思われてしまう。マナーは守って楽しんでほしいですね。

    『 タピオカミルクティーで死にかけた土曜日の午後』(PHP研究所)全国書店にて発売中。¥1,400(税抜)

    問い合わせ先/JT
    www.jti.co.jp

    Hot Keywords