「パネライ」から驚異のミニッツリピーター登場、10分単...

気になる腕時計・最新情報をキャッチせよ!

パネライ ラジオミール 1940 ミニッツリピーター カリヨン トゥールビヨン GMT オロロッソ -49㎜

「パネライ」から驚異のミニッツリピーター登場、10分単位の「デシマル」で、2つの時間帯を鳴らすGMT搭載!

文:笠木恵司

時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房などの取材経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)

8時位置の大きなボタンを押すことで、ミニッツリピーターが作動。音によって現在時間を教えてくれる。この場合はローカルタイム(LTのインジケーターが赤色)だが、第2時間帯のホームタイム(HT)にも連動できる世界初の機構を開発。

エレガントなクッションケースでお馴染みのパネライでは、2002年にスイス・ヌーシャテルに工房を設置。様々なムーブメントや複雑機構などを自社開発してきましたが、これまで蓄積してきた技術力を集大成した1つの究極=頂点とも表現できるミニッツリピーターが登場しました。美しく澄んだ音色で時間を教えてくれ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
「パネライ」から驚異のミニッツリピーター登場、10分単位の「デシマル」で、2つの時間帯を鳴らすGMT搭載!

ケースバックもスケルトン。ブラックのブリッジと軸受けのルビーの赤色が印象的なコントラスト。右上側には、回転を始めたパネライ独自(特許取得)のトゥールビヨンが見える。水平でなく垂直方向に30秒で1回転する。

手巻き、18Kレッドゴールド、ケース径49㎜、ツインバレルでパワーリザーブ約4日間、ケースバックに残量表示、GMT12/24時間表示、現地時間(LT=ローカルタイム)と第2時間帯(HT=ホームタイム)に連動するミニッツリピーター(時、10分、分)、30m防水、アリゲーター・ストラップ。¥48,000,000(受注生産)
問い合わせ先/オフィチーネ パネライ Tel:0120-18-7110
www.panerai.com

アドリアーノ・トニネリ

今回のコメント

アドリアーノ・トニネリ

オフィチーネ パネライ トレーニングマネージャー

イタリアブランドであるパネライが、ついに世界初の第二時間帯まで音で知らせることが可能なミニッツリピーターを完成させました。音色はパネライが所有する1936年建造のクラシックヨット、アイリーン号が出港する時に鳴らす鐘の音をイメージしています。

元プロボクサー、元ダンサーという異色の経歴をもつ時計技師。スイスのパネライ マニュファクチュールで時計技師達のトレーニングを統括している。今回はミニッツリピーターと共に来日。4800万円の音色を聴かせてくれた。

「パネライ」から驚異のミニッツリピーター登場、10分単...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。