こ、これでも腕時計!? 革新的な複雑メカで知られるブラ...

気になる腕時計・最新情報をキャッチせよ!

オートランス プレイグラウンド ラビリンス

こ、これでも腕時計!? 革新的な複雑メカで知られるブランドによる「無用の用」を究めた“ゲームピース”とは?

文:笠木恵司

時計ジャーナリスト。1990年代半ばからスイスのジュネーブ、バーゼルで開催される国際時計展示会を取材してきた。時計工房などの取材経験も豊富。共著として『腕時計雑学ノート』(ダイヤモンド社)

外観はいかにも腕時計だが、時を教えてくれる機能は一切ない。ダイヤル(?)を傾けることで、小さなプラチナのボールを下部左側の穴に落とす“ゲームピース”。リューズを回すと、このボールが沈んで右側の穴から押し出されるので、ゲームが再開可能。老荘の思想である「無用の用」をラグジュアリーな“ゲームピース”で実現したと言えば大げさに過ぎるだろうか。

やや横長の角形ケースにリューズも備えて、外観はいかにも腕時計ですが、ダイヤル部分は垂直の壁で仕切られたレトロな雰囲気の立体迷路。腕を前後左右に傾けることで小さなボールを誘導し、下部の穴に落とすゲームを楽しめます。時計好きなら「まさかそれだけ?」と見えないところに隠されたメカニズムを探ろうとする...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
こ、これでも腕時計!? 革新的な複雑メカで知られるブラ...