日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R380(A-Ⅱ型)編】

日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R380(A-Ⅱ型)編】

写真:谷井功 文:清水雅史(モンキープロダクション) 協力:日産

年式:1967年 型式:R380(A-Ⅱ型) 全長:4060mm 全幅:1685mm 全高:985mm ホイールベース:2360mm トレッド(前/後):1424/1372mm 車両重量:空車590kg エンジン:GR8 水冷直列6気筒DOHC4バルブ 排気量:1996cc 最高出力:162kW(220PS)以上/8400rpm 最大トルク:196Nm(20.0kgm)以上/7200rpm サスペンション(前/後):ダブルウィッシュボーン / 上Iアーム、下逆Aアーム、ダブルラジアスアーム ブレーキ(前/後):ディスク / 4ディスク タイヤ:5.50L-15/6.50L-15

空力特性を徹底的に追求することで、美しいフォルムが生まれた。R380は、日産と合併する以前のプリンス自動車工業が開発した、戦後日本初のプロトタイプレーシングカーだ。63年に第1回日本グランプリが開催されると、プリンスは「市販車無改造」という紳士協定を厳格に解釈して臨んだがゆえに惨敗する。翌年は...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
日産自動車、伝説の名車を振り返る。【R380(A-Ⅱ型)編】