遊びながらプログラミングが学べる玩具って、いったいどん...
VOL
28
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、いま注目の「知育玩具」を紹介します。

遊びながらプログラミングが学べる玩具って、いったいどんなモノですか?

モバイルコンシェルジュ:佐藤綾香さん

前職で、iPhoneアクセサリやデジタルガジェットを紹介するインターネット動画制作に携わる。そこで得た知識を活かし、毎日がワクワクするような生活提案に努めている。

「2020年から小学校でプログラミング教育の必修化が正式に決定していることもあって、いまのうちからお子さんにプログラミングを学ばせたいと考えている方はたくさんいらっしゃいます。でも『プログラミングってどうやって教えたらいいの?』『そもそもプログラミングってなに?』と思っている方も多いのではないでしょうか。実際、プログラミング学習のための幼児向けスクールも盛況のようですが、今回はご家庭でお子さんと一緒に楽しく遊びながらプログラミングを学べる知育玩具を3つご紹介しましょう」

目的に応じてロボットの動作をプログラミング

「最初にご紹介するのは、Primo Toys(プリモトイズ)の『Cubetto(キュベット)』。イギリス生まれのキュベットは、かわいい木製のロボットです。コントロールパネルに緑(前進)や赤(右に方向転換)などのブロックを並べるだけで、このキュベットを指示通りに動かすことができます。ブロック1つが1つのコマンドとなり、組み合わせることで1つのプログラミングをつくるというわけです。キュベットのセットには、1マスごとに山や水などが描かれたワールドマップと、ストーリーブックが付属します。たとえば「森を通って船を見に行こう」といったストーリーに沿って、目的地に行くにはブロックをどう組み合わせればいいか考えてみる。こうして遊びながら、プログラミングとそのために必要な論理的な考え方などが身につくようになっています。セットで付属されているマップは1種類ですが、別売りでアドベンチャーマットもありますし、慣れたらオリジナルのマップをつくるのもよいでしょう。デジタル画面を使わないので目に優しく、言葉を必要としないので3歳程度の小さなお子さまでも普通のオモチャ感覚で遊べるのが魅力です」

遊びながらプログラミングが学べる玩具って、いったいどん...