テーブル調理が楽しくなる、イチオシのホットプレートを教えて!
VOL
43
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川 蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、お薦めのホットプレートついて聞きました。

テーブル調理が楽しくなる、イチオシのホットプレートを教えて!

食コンシェルジュ:冨田幸恵(さちえ)さん。大手家電量販店を経て2016年から蔦屋家電へ。「蔦屋家電は家電を実際に体感できるところが特長。お客さまと一緒に家電を使って試食する機会を設けるとともに、ライフスタイルをお聞きして、使い方のアドバイスをすることを心がけています」

「家族や友人など、比較的少人数のホームパーティーを行う際に重宝するホットプレート。テーブルの上で調理しながら、焼きたてを食べるホットプレートがあると、テーブルが活気づき、パーティーも盛り上がります。さらに近年は、デザインにもこだわっているホットプレートが増えています。置いてあるだけでも食卓が華やぎ、写真映え、インテリア映えする製品が増えています。そこで今回は、見た目も使い勝手もよいものを3つご紹介しましょう」

イデアインターナショナルの「BRUNO(ブルーノ) コンパクトホットプレート」(W37.5×H17.9×D23.5cm)¥9,504(税込)。右は通常モデルのホワイト、左はレリーフ入りの100万台突破記念モデル。アニマルモチーフのノブは¥1,296(税込)。

「最初にご紹介するのは、イデアインターナショナルの『BRUNO(ブルーノ) コンパクトホットプレート』。2〜3人にちょうどいい大きさですが、パーティーではつくって食べてを繰り返すので、このぐらいのサイズでも十分だと思います。ただしもう少し大きいほうがよい場合は、4〜5人向けのグランデサイズもあります。またこのホットプレートのユニークな点は、標準セットで平面のプレートに加えてたこ焼きのプレートがあること。簡単な材料で盛り上がれるたこ焼きはもちろん、アヒージョもいいですね。またホットケーキの素でミニケーキをつくるのもお薦めです。また持ち手つきなのでつくっている時にも動かしやすいですし、蓋つきなので餃子パーティーにも使えます」

プリンセスの「テーブルグリル ストーン」(W61.4×H7×D22.2cm)¥21,600(税込)。プレートのカラーは写真のブラックのほか、グレー、ホワイトもある。

「続いてご紹介するのは、プリンセスの『テーブルグリル ストーン』。セラミックコーティングを施したプレートは、遠赤外線効果で素材をすばやく焼き上げるので煙が出にくく、野菜はみずみずしさを損なわず、肉は厚みがあっても外はこんがり、中はふんわりに焼き上げられます。プレートは中央に向かって緩やかに傾斜していて、余分な油は中央のスリットから落ちるので食材がギトつかず、油はねも防げます。プレートに段差のある縁がないので、皿感覚で使うことができますし、串料理も焼きやすいですよ。またこの製品は手入れが楽なのも大きな魅力。プレートはキッチンペーパーでサッとひと拭きするだけですみますし、取り外して洗うことも可能。油の受け皿も簡単に取り外して洗えます」

パナソニックの「IHデイリーホットプレート KZ-CX1」(W59.3×H4.6×D32.3cm)¥59,184(税込)。専用プレート、金属ヘラ2本、樹脂ヘラ2本、専用プレート用蓋が付属。

「最後にご紹介するのは、パナソニックの『IHデイリーホットプレート KZ-CX1』です。8月に発売されたばかりの新製品で、2口のIH調理器として使えるほか、専用のプレートを載せることでホットプレートとしても使うことができます。この製品の魅力は、ふたつの熱源を別々にコントロールできる点。温度はそれぞれ90~250℃で調節でき、食材に合わせて左右2品を同時に調理することが可能です。たとえば片方を高い温度に設定して肉を焼きつつ、もう一方は低い温度にして野菜のつけ合わせをつくったりするといった使い方なんていいですね。もちろん片方だけを使うこともできます。背が低くつくられているので使いやすく、テーブルにもなじみやすいデザイン。パーティーのときだけでなく、普段の食卓でも活躍してくれそうです」

●二子玉川 蔦屋家電  TEL:03-5491-8550 https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

テーブル調理が楽しくなる、イチオシのホットプレートを教えて!

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。