インテリア映えする、デザインのいい暖房機器を教えて!
VOL
44
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川 蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は、デザイン性に優れた暖房機器について聞きました。

インテリア映えする、デザインのいい暖房機器を教えて!

住コンシェルジュ:前田国彦さん。大手家電量販店を経て2015年8月から蔦屋家電へ。量販店ではまとめ買いを請け負う部署に在籍し、ジャンルを問わず家電全般に幅広い知識をもつ。「お客さまのお話を聞き、ライフスタイルに合った本当にほしいものを提案するように心がけています」

「10月に入り、風が肌寒く感じる日も多くなってきました。来る冬に備えて、そろそろ暖房機器の準備をしておきたいところです。暖房機器は、季節家電とはいえ春先までずっと部屋に置いて使うものですから、性能はもちろんのこと、見た目にもこだわりたいですね。そこで今回は冬を先取りして、インテリア性の高いお薦め暖房機器を3つ厳選してご紹介しましょう」

Folivora(フォリヴォラ)の「ノンベ コタツテーブル モルタル」(W100〜160×H36×D70〜90cm)¥108,000〜(税込)。天板はウレタン仕上げのモルタル調塗装、脚はオイル仕上げのウォールナット無垢材。布団は同じくフォリヴォラの「ガムザ コタツ布団」(200×200cm〜)¥39,960〜(税込)。カラーは写真のトープ(ベージュとグレーの中間)の他、グレー、チャコール、ダークブラウンの4色展開。またコタツ、布団ともにサイズオーダーも可能。

「最初にご紹介するのは、『Folivora(フォリヴォラ)』のコタツです。少ない電力で全身が温まるエコ家電であるコタツのすばらしさは、日本人なら説明するまでもないと思います。しかしデザイン的に、フローリングが主流になった現代の部屋には似合わないものが多く、近年では敬遠されがちでした。そのイメージを崩してくれるのが、このコタツ。香川県にある家具メーカー、日美のブランドであるこのフォリヴォラのコタツは、ウォルナットやオークの無垢材を使用していて、冬が終わっても布団を外してそのままローテーブルとして使い続けたくなるクオリティ。ヒーターには遠赤効果が高い500Wカーボンヒーターを採用していて、コタツとしての性能も十分です。またコタツは合わせて使う布団によって印象が大きく左右されますが、フォリヴォラはコタツ布団にもこだわっていて、シンプルかつモダンなデザインで、高級感のある仕上がり。裏地には肌触りがよく保温性に優れたマイクロファイバーを採用している点もポイントが高いです。これならばモダンなインテリアの部屋にも置きやすいのではないでしょうか」

ディンプレックスの「マイクロストーブ」(W35×H42.2×D22cm)¥17,064(税込)。強弱2段階のファンヒーター内蔵で3〜8畳に対応。カラーは写真のマットブラックの他、マットホワイトもある。

「続いてご紹介するのは、ディンプレックスの『マイクロストーブ』です。ディンプレックスは、1949年に創業されたイギリスの電気暖房機器メーカーで、1960年代から電気暖炉、つまり炎を電球の光で再現した電気ファンヒーターを製造販売しています。さまざまなラインアップのうち、このマイクロストーブは「オプティフレーム」シリーズのもの。5段階で光を反射、屈折させる独自の技術でナチュラルな炎のゆらめきと質感を実現しています。この炎がとてもリアルで、パッと見ただけでは本当に薪が燃えているようにしか見えません。本物の暖炉だと工事が必要で、何より煙が出るので都会では戸建てでも使用は難しいですが、これなら工事不要で電源を入れるだけ。ヒーターは1200Wと、8畳程度の広さまでなら十分に暖められるパワーがあり、ヒーター機能をオフにして炎だけを楽しむこともできます。炎の光源はLEDなので電気代もあまりかかりませんし、インテリアのアクセントとして活用するのもいいですね」

2018年6月に発売されたデロンギの「空気清浄機能付きファン HFX85W14C」(W27×H85×D27cm)¥59,184(税込)。空気清浄能力は9畳を30分間で清浄化し、PM2.5の有害物質を99%除去可能。

「最後にご紹介するのは、デロンギの『空気清浄機能付きファン HFX85W14C』です。こちらのアイテムは、簡単に言ってしまうと冷温風扇と空気清浄機を合体させたものになります。本体上部にフィルターが内蔵されていて、室内の空気を清浄化したうえで、そのキレイな空気を使って冷たい風や暖かい風を出してくれます。またこの製品は風の出し方に特徴があり、円形の本体に沿って気流を発生させる『3Dコンフォート・エア』テクノロジーという独自の技術によって、ムラが少なく均一なやさしい空気の流れを生み出します。冷風機能は扇風機やサーキュレーターと同じで、部屋全体を冷やす力はありませんが、ファンヒーターとしてはパワーが1400Wあり、かなり暖かい風を送り出してくれます。インテリアとしても活用しやすいスタイリッシュなデザインなので、通年部屋に置いておけるアイテムです」

●二子玉川 蔦屋家電  TEL:03-5491-8550 https://store.tsite.jp/futakotamagawa/

インテリア映えする、デザインのいい暖房機器を教えて!

次号予告

縄文土器から現代アートまで、語れるネタを伝授します。

超おさらい! 日本美術史。