男だって実は気になっている、リラックスできる「アロマ家...
VOL
06
写真:遠藤 宏 文:和田達彦
ライフスタイル提案型の家電店として、研ぎ澄まされたセレクトや企画性に注目が集まる二子玉川蔦屋家電。そこでプロダクトとユーザーをつなぐ役割を担うのが、個々の製品やジャンルに精通したコンシェルジュたち。そんな彼らに疑問を投げかけ、心を満たすプロダクトを導き出すのがこの企画。今回は男性だって実は気になる「アロマ家電」の選び方を指南してもらいました。

男だって実は気になっている、リラックスできる「アロマ家電」のおススメはなんですか?

健康家電担当:横野 剛 さん

健康関連の家電販売に長くかかわってきたプロフェッショナル。スマホと連携するウェアラブルの運動量計からマッサージチェアや酸素カプセルまで、健康に役立つあらゆるアイテムに精通し、それらをいかした健康的な生活の送り方についてもアドバイスしてくれる。

「アロマディフューザーにはさまざまなタイプがありますが、まずは電気式のものとそうでないものに大別できますね。後者は家電ではなくアロマグッズになり、アロマオイルをセラミックなどに染みこませて使うもの、オイルを垂らした水をキャンドルなどで熱するものなどがあります。雰囲気は楽しめますが、香りの拡散性能や安全性を考えると、お薦めしたいのは電気式になりますね」


気化式ならではの香りとメンテナンス性。


「さて、電気式のアロマディフューザーにもいろいろな方式があって、いま主流になっているのは超音波式と呼ばれるタイプ。水で薄めたアロマオイルを超音波で細かく砕き、ミスト状にして拡散します。この方式のメリットは、ミストを拡散するので即効性があることです。各社から製品が出ていますが、基本性能に大きな差はなく、ライトのイルミネーション機能などで差別化を図っていたりします。この方式のデメリットは、オイル交換時にちゃんと掃除しなければならず、メンテナンスが面倒だということ。機械は水洗いできませんから、オイルが混じった水をキレイに拭き取るのは結構大変です。そのため『今日は違う香りにしたい』ということも気軽にはできません。香りが混じってしまいますから」

「そこでお薦めするのは、スタドラーフォームの『Lea(レア) アロマディフューザー』です。これは超音波式ではなく、スタドラーフォーム独自の画期的な気化式システムを採用しています。内部に小さなファンが内蔵されていて、アロマオイルを気化して空中に拡散する仕組みです。アロマオイルを水で薄めたり熱を加えたりしないので、オイル本来の自然な香りが楽しめます。アロマオイルのボトルをそのまま挿すだけで使えるので、お手入れも不要ですし、違う香りを楽しみたい時はボトルを交換するだけです。これはコードレスでの使用も可能で本体に充電器の機能があり、専用の単3型充電池でも駆動します。玄関、リビング、寝室など、好きな場所に持ち運んで使えるのも魅力ですよ」

「使用するアロマオイルはお好みのものをお選びいただければよいのですが、快適な眠りを、という方には、日本香堂の『anming(アンミング) plus』などはいかがでしょう。アロマオイルは外国ブランドのものが多いのですが、こちらは日本メーカーによる日本製。名前の通り安眠のための香りを追求した製品で、安心してお使いいただけると思います」

スタドラーフォームの「Lea(レア) アロマディフューザー」¥9,800(税別、2016年6月10日現在)。電源は単3型充電池またはUSBケーブルで、電池の場合は満充電で約22時間の連続作動が可能。連続運転モード、インターバルモード、そして明るさに応じてオンオフするデイライトモードの3モードを搭載。

Φ57×H202mmのコンパクトなボディは、ホワイト、ブラック、ベリー、メタル、ライム、ブロンズの6色。10mlの一般的なアロマオイルのボトルをそのまま挿して使用可能。アロマ用ボトルが付属されているので、それに詰め替えて使うこともできる。

眠りをテーマに開発された日本香堂の「anming(アンミング)」シリーズ。「anming plus」は、よい目覚めはよい眠りにつながるという観点から、ベルガモットやオレンジの天然オイルを配合。リラックス効果と同時に明るい気持ちを誘う柑橘系の香りが心地よい眠りと目覚めを促す。写真はリネンミストで50ml入り¥1,500(税別、2016年6月10日現在)。他にルームフレグランスオイル10ml¥1,200(税別、2016年6月10日現在)やバスエッセンスやボディーオイルもあり。

コンシェルジュからの一言

健康家電担当:横野 剛 さん

「アロマオイルのよい香りで気持ちをリラックスしたら、次はカラダの凝りを物理的にほぐして、日頃の疲れから解放されてみませんか? 次回は、マッサージチェアを同じく私が紹介します」

●二子玉川 蔦屋家電 TEL:03-5491-8550 http://real.tsite.jp/futakotamagawa/

男だって実は気になっている、リラックスできる「アロマ家...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。