価格は約1億円! 代官山 T-SITEのモーニングクルーズで、噂の「G...

価格は約1億円! 代官山 T-SITEのモーニングクルーズで、噂の「GT-R50」が日本で初めてお披露目。

写真:Pen編集部 文:サトータケシ 

価格は約1億円! 代官山 T-SITEのモーニングクルーズで、噂の「GT-R50」が日本で初めてお披露目。

「GT-R50 ITAL DESIGN」。日産ヨーロッパがデザインし、名門カロッツェリア、イタルデザインが製造販売するGT-R。価格は約1億円で、生産台数は50台を予定。すでにほぼ完売の状態だそうです。

価格は約1億円! 代官山 T-SITEのモーニングクルーズで、噂の「GT-R50」が日本で初めてお披露目。

代官山 T-SITEで行われている「モーニングクルーズ」には、「GT-R 50」をひと目見ようと多くのGT-Rオーナーが集結。朝8時にもかかわらず、ご覧のような状況に。

「CARS & COFFEE」という言葉を耳にしたことはありますか? これは世界で同時進行的に広まっている自動車のイベントです。イベントといっても敷居の高いものではなく、読んで字のごとく、休日の朝にクルマ好きがぶらっと集まり、コーヒー片手にクルマ談義に花を咲かせるというカジュアルなもの。だれでも気軽に参加できるところが、急速に広まっている理由でしょう。

日本でも同様の動きが見られます。首都圏に暮らすクルマ好きが楽しみにしているのが、毎月第2日曜日の朝に代官山 T-SITEで行われる「モーニングクルーズ」。「12気筒エンジンのフェラーリ」といったテーマが掲げられる回もあれば、ノンテーマの回もありますが、いずれも珍しいクルマや個性的なオーナーが集まり、クルマ好きの交流の場となっています。

9月23日(日)の朝、代官山 T-SITEの広々とした駐車場は、熱気で満ちていました。モーニングクルーズ「NISSAN GT-R50 by Italdesign」スペシャルが開催されたのです。今回のテーマは「GT-R(R35)」、つまり現行型のNISSANGT-Rで、スペシャルゲストとしてGT-R50周年を記念した「NISSANGT-R50 by Italdesign」が招かれたのです。

 会場がオープンすると、「NISSAN GT-R50 by Italdesign」の周囲にはたくさんの人が集まりました。イタルデザインは、デザインから設計、製造まで請け負うイタリアの自動車工房というべき存在。GT-Rと同じく、今年創設50周年を迎えました。

「NISSAN GT-R50 by Italdesign」とは、NISSAN GT-R NISMOをベースに、日産ヨーロッパのデザイナーが造形を統括しつつ、開発と設計、製造をイタルデザインが担当して生産される特別なモデル。英国のエンスージアストの祭典、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードでお披露目された時には、その美しさが大反響を呼びました。

 専用設計のLEDヘッドランプ、各部でアクセントとなっているゴールドの空力パーツ、大きな可変式リアウィングなど、美とスピードが融合した佇まいに見とれていると、あっという間に時間が経過します。ちなみ50台の限定生産ですが、約90万ユーロ(約9190万円)からという価格にもかかわらず、すべてオーナーが決まっているとのことでした。