ものと人が共鳴する、ミナ ペルホネンの新たな試み。
写真:永井泰史 文:小川 彩

#18

ファッションアイテムとアートピースや工芸品が共存する、ミナ ペルホネンの新ショップ「call」。

ファッションブランド「ミナ ペルホネン」のデザイナー・皆川明さんが、東京・青山のスパイラルビル5階に「call」をオープンしました。ファッションアイテムやオリジナルファブリックはもちろん、暮らしを豊かに彩る工芸品の比重がぐっと高まり、食材も扱うなど、より生活全般へと目を向けた新しいショップになっています。

これまでミナ ペルホネンでは、店舗の基本設計から素材選びや什器に至るまで、皆川さんが細やかに目を向けてきたといいます。しかしここは、皆川さんがいままで交流を重ねてきたクリエイターや作家とともにつくりあげた場。たとえば空間設計は、ランドスケーププロダクツの中原慎一郎さんに期待をこめてお任せしました。自身がファッションを表現するうえで、アートや工芸などの作家にインスパイアされることも多く、素晴らしいつくり手との交流を表現する場をもちたいと長年思い続けていた皆川さん。それを実現させた「call」という店名には、そのような人たちとつながりながらみんなで店をつくっていく“creation all”という意味と、皆川さんが共感するものづくりをする仲間を呼び寄せるというメッセージが込められています。

ドロワーの上には、メキシコの民族衣装を着た人形のチェス。サンフランシスコで自らみつけたもの。

ケース内に佇む作品もお見逃しなく。こちらのムラーノガラスはカルロ・スカルパによるアートピース。

ガラス作家、辻和美さんによるマウスブロウの大きな片口。鮮やかな色とゆらぎある作品が窓辺を彩ります。

アラビア社のバレンシアシリーズ。職人による絵付けの筆致が生きたものを皆川さんがセレクトしました。

ヴェネツィアの手漉き紙を使った鉛筆とノート。モノトーンのマーブル模様がエレガントかつマニッシュ。

女性に向けたアイテムが中心のミナ ペルホネンにフェミニンな印象をもつ人も多いかもしれませんが、「call」には陶芸・木工・金工作家の作品をはじめ、男女問わず魅了される古今東西のアートピースやアンティーク、暮らしの道具が集められています。

服が並ぶメインフロアに足を踏み入れて、真っ先に目に飛び込んでくるのは冒頭の写真にあるシャンデリア。ガラス一枚一枚の表情とどこかアールデコを思わせる重厚さが新鮮な、ガラス作家・辻和美さんによる作品です。その下にはスウェーデン製のアンティークのコーヒーテーブルが。アノニマスなものと作家の作品、そして国境や時代もボーダレスなアイテムの連なりに目を奪われます。あらゆる要素が混在しながらも不思議な一体感のある店内に、ミナ ペルホネンというブランドのものづくりを通して、暮らしを豊かに彩るものを追求してきた皆川さんの審美眼が、すみずみまで通っていることにあらためて気づきます。

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。