ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。

ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。

まるで戦闘機の後部のような造形をもつリアのデザイン。

10月17日、日産とNISMOは新しいレーシングカーを発表しました。まるで飛行機のようなカタチをしたこのクルマ、電気自動車のレーシングカーなのです。「Nissan ZEOD RC(ニッサン・ズィーオッド・アールシー)」はル・マン24時間レースの主催者から、革新的な技術をもつクルマにだけ許される...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。