ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。

ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。

まるで戦闘機の後部のような造形をもつリアのデザイン。

10月17日、日産とNISMOは新しいレーシングカーを発表しました。まるで飛行機のようなカタチをしたこのクルマ、電気自動車のレーシングカーなのです。

「Nissan ZEOD RC(ニッサン・ズィーオッド・アールシー)」はル・マン24時間レースの主催者から、革新的な技術をもつクルマにだけ許されるレースへの参加資格を与えられたクルマです。
特徴はその外観に加えて、基本的には純粋な電気自動車(EV)であること。ル・マン24時間が行われる、サルテサーキットと市街地を含んだ8.5マイルを、レーシングスピードで、なおかつ電気の力だけで走ることができるのです。その最高速度は300km/hを超えるもの。超高速のストレートをエンジン音なしで走る雄姿を、来年の5月にル・マンで見てみたいものです(Pen編集部)

左右のふくらみは冷却ダクトは、モーターや電池を冷やすための工夫。

日産リーフを開発し、その技術をレースに活用できるのが日産自動車の強み。

ル・マンを300km/hで走り抜ける、世界最速の電気自動車が誕生。