iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削...

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

Appleの製品は美しく高級感がある、という見解に異論がある人は少ないでしょう。幅広い層に人気のiPhoneはプロダクトデザインの良さに加え、中身のインターフェイスも見やすい優れたスマホです。ただし誰もが持ち歩いていますから、他者との差別化を望んでいる諸氏も多いはず。

ご紹介するiPhone6s専用「SQUAIR The Slit」は、スマホ本体よりも高価なラグジュアリーケース。装着することで “工業製品” を、“工芸品” に格上げする、日本の巧みの技による逸品です。デザインのテーマは、風や光を通す様式を意味する建築用語の「Slit(スリット)」。手に馴染む上質な触感も重要なテーマの一つです。無垢のジェラルミンの塊を切削機で削り出し、職人が手仕事で研磨してシリアルナンバーを刻印して完成。スリットの溝は一本ずつ角度が異なるため、線ごとに刃の角度を変えるという、大量生産品ではできない手間が掛けられています。高度なプログラムが組まれた最新の切削機械+職人技の、極めて現代的なモノづくりが行われているのです。企画・デザインを「SQUAIR」が手掛け、岐阜県関市の飛行機や車の部品などをつくる工場が製造しました。

iPhoneへの装着はネジ止めの必要がなく、セパレートした上下をはめ込むだけ。美しさを損なうネジを排除して仕立てるこだわりは、Apple製品の美学にも通じます。ケース背面はアップルマークを覆い隠さず、スリットからチラ見せするニクい洒落心も。

最新のiPhone6sは、iPhone6より厚みが0.2mm増えています(Appleの発表より)。SQUAIRが行った寸法計測では、誤差として縦・横・厚み共に公称値と異なる製品もあったそう。6用として発売していたジェラルミンケースでは6sにジャストフィットしない可能性があるため、今回新たに6s専用品を発売することになりました。なお、すでに6用をお持ちの方は、「hello@squair.me」に問い合せすれば6s用に個別カスタマイズしてくれます。高価な製品だけに嬉しいサービスです。愛用のスマホを贅沢にドレスアップする、大人ならではの趣味を愉しんでみてはいかがでしょうか。(高橋一史)

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

「SQUAIR The Slit」 ¥162,000

※iPhone6s本体は含まれません。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

デリケートな曲線美。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

素材は頑丈な、超々ジェラルミン合金(super extra duralumin)。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

きっちりとはめ込める精密さがオトコ心をくすぐります。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

ブラック。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

ゴールド。

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削り出しケース「SQUAIR The Slit」登場。

ローズゴールド。

色:シルバー、ブラック(新色)、ゴールド、ローズゴールド(新色)。
販売開始予定日:10月30日(金)
販売店:伊勢丹新宿店、バーニーズ ニューヨーク各店など。

お問い合わせ先/SQUAIR

TEL:03-6868-3699

www.squair.me/ja/

iPhone6sを “工芸品” に格上げする、15万円のジェラルミン削...