6月26日はトゥールビヨンの日! 時計ブランド「ブレゲ」では創業者の偉...

6月26日はトゥールビヨンの日! 時計ブランド「ブレゲ」では創業者の偉業を祝うイベントを開催。

文:Pen編集部

「マリーン トゥールビヨン エクアシオン マルシャント 5887」。ブレゲ トゥールビヨン・デイでは、2020年の新作もいち早く見ることができる。

フランスの時計師であり、時計ブランド「ブレゲ」の創業者であるアブラアン-ルイ・ブレゲ(1747年-1823年)は、いまから200年以上遡る1795年にトゥールビヨンを発明した。フランスの内務省に申請後、1801年6月26日に晴れて特許を取得。現在同ブランドは、毎年6月26日を「トゥールビヨン・デイ」と称し、時計史においても重要な日を祝っている。

この日にあわせてブレゲは、6月20日(土)から直営ブティック4店舗にて、ブレゲ トゥールビヨン・デイというイベントを開催。これまでに同ブランドが発表してきたトゥールビヨンコレクションと2020年新作のトゥールビヨンを揃え、創業者が発明した複雑機構とその魅力について紹介する。さらに阪急うめだ本店では6月24日(水)から、スペシャル展示も開催予定だ。

トゥールビヨンとは、時計の針を正確に進める機構の一種で、ムーブメントの一部が渦を巻くように回転するのが特徴だ。かつて主流だった懐中時計には、置き方や傾きによって針の進みが狂ってしまう弱点があった。原因はムーブメントにかかる重力の偏りにあり、時計師のブレゲは、それらを克服する時計づくりを目指した。そして発明されたものが、時計の心臓部である脱進機と調速機を一つのキャリッジ(カゴ)に収めて回転させ、重力による影響を解消する機構、トゥールビヨンだ。部品が多く、製作に高度な技術を要するため、この機構が搭載されている時計は非常に高価になる場合が多い。

発明から200年以上が経ち、時計の技術が目まぐるしく進化を遂げている現在でも、トゥールビヨンは羨望を集める存在だ。その歴史とコレクションを振り返るこの記念日は、華やかさだけではない複雑機構の真の魅力を教えてくれる。

Breguet Tourbillon Day

開催期間:2020年6月20日(土)〜7月5日(日)
開催場所:ブレゲ 直営ブティック各店舗
 ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211
 ブレゲ ブティック伊勢丹新宿店 TEL:03-3352-1111(大代表)
 ブレゲ ブティック日本橋三越本店 TEL:03-6665-0143
 ブレゲ ブティック阪急うめだ本店 TEL:06-6313-7863

阪急うめだ本店6階ウオッチ・プロモーションスペース内
ブレゲ スペシャル展示:6月24日(水)~7月14日(火)

※休業日、営業時間は各店舗に準ずる。

お問い合わせ先/
ブレゲ ブティック銀座 TEL:03-6254-7211

6月26日はトゥールビヨンの日! 時計ブランド「ブレゲ」では創業者の偉...
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!
Feature Product 新たなるライカの聖地、「新宿 北村写真機店」がオープン!

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。