“真実の瞬間”はパドルシフトに触れると訪れる!? AM...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第98回 MERCEDES-AMG GT 63 S 4MATIC+ / メルセデスAMG GT 63 S 4マティック+

“真実の瞬間”はパドルシフトに触れると訪れる!? AMG GT 4ドアクーペ、その隠された素顔とは。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

AMGが独自開発した車種としては2台目になるGT 4ドアクーペ。

メルセデスの2シータースポーツカー、AMG GTの4ドア版で、4人乗れるスポーツフラッグシップとして誕生したAMG GT 4ドアクーペ。ワイルドでアメリカンなV8エンジンを搭載した他に類を見ないスポーツカーとして、AMG GTに惚れ込んでいた自分にとって、この4ドア版は乗ってみると肩透かしを食らった感があったんだ。「あれ、ワイルドでアメリカンな4ドアじゃないの?」ってね。いや実際、AMG GT 4ドアクーペに期待していたことは、AMG GTの野性味あふれるエンジンに、Sクラスの乗り心地と大人の余裕を兼ね備えたスーパー4ドアスポーツといったところだった。
それがどうだろう。AMG GT 4ドアクーペは、エキゾーストノートは鳴りを潜めているのに、足まわりはリアルなスポーツカーのそれ。ステアリングから伝わる情報の解像度がやたら高く、ロードノイズも拾うので、Sクラスの快適さとは似ても似つかない。でもAMGオーラだけはやたらすごいのね。「なんだお前は、俺を過小評価するつもりか?」みたいな、他を寄せつけないオーラに満ち満ちている(笑)。気位の高い、理解しがたい専門家が、ドライバーを見定めているようなところがある。
けれどもそれは街乗りをしている時の話で、結論から言うとAMG GT 4ドアクーペには本性を現すためのカギがあって、レースモードでは自分でパドルシフトの操作を行わないとまったく本性を現さないんだな。自動変速で走ると、たとえレースモードであっても、さっさとシフトを上げてなめらかに走ろうとする。そもそもモードの違いに目が覚めるような変化はないし、車体は全長を感じさせない4輪駆動の超絶安定モードで、V8エンジンのトルクフルな走りを軽快に演出している。でもパドルシフトを操作し、シフトを手動に変えると世界は一変するんだ。実際は峠を走り込んだんだけど、その走行性能は明らかにサーキットに持ち込むべきスポーツカーであり、スーパースポーツにも迫る。やっと心を開いたかという喜びとともに、「相棒」と呼びたい一体感が生まれる。

1 / 2p