SUVにバケットシートのパラレルワールド!? ポルシェ...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第116回 PORSCHE CAYENNE TURBO COUPE / ポルシェ カイエン ターボ クーペ

SUVにバケットシートのパラレルワールド!? ポルシェのカイエン ターボ クーペと、リアルスポーツの到達点。

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

カイエンより20mm低いチョップドルーフ仕様のカイエン ターボ クーペ。

高級スポーツカーメーカーによるSUVブームの先鞭をつけた、ポルシェのカイエン。発売から18年が経ち、モデルも3世代目に突入。新型には満を持してクーペモデルが導入された。そんなカイエン クーペのV8エンジン搭載モデル、カイエン ターボ クーペに試乗した。結論から言ってしまうと、カイエン ターボでもなく、素のカイエン クーペでもなく、買うなら「絶対にカイエン ターボ クーペが欲しい」と思ったんだ。それも、この試乗車に付けられたオプションを全部乗せでオーダーしたい……。

まず、このカイエン ターボ クーペにはライトウェイトスポーツパッケージというオプションが用意されていて、カーボンルーフや22インチの鍛造軽量ホイール、スポーツエグゾーストシステムといったカイエン ターボ クーペたらしめる超重要アイテムがセットで付いてくるのね。このオプションがあるとないとでは、大違いなんだ。

走り出してわかるのは軽快な身のこなしと、ハンドルから伝わる情報の解像度が抜群に上がっていること。バネ下重量を軽減したことで、2トンを超える自重で路面入力を押さえつけるような固さが取れ、驚くほど洗練された足まわりになっている。ランボルギーニのウルスもそうだけど、SUVのスポーツ性能を、ライトウェイトスポーツのようなハンドリングの軽快さやしなやかさに見出そうとする、ある意味ではスーパースポーツ系SUVのトレンドな足まわりと言えるかも。

ノーマルモードで街中を走っていても驚くほど軽快なんだけど、峠に連れ出すと度肝を抜かれるね。正確無比なハンドリングは従来通りのカイエン。だけど、4輪の接地感が桁違いにいい。解像度が高いゆえにグリップ感が伝わり、タイヤの限界が手に取るようにわかる。そして、とにかくロールしない。道がナローだろうがツイスティだろうが、まったく外に振られる気がしない。

試しに速度を上げてみると、ようやくタイヤが悲鳴を上げる頃合いで限界も来るって感じ。カイエン発売から18年。スポーツ系SUVは「ここまで来たか」って感じですよ。これらはオプションの後輪操舵のリアアクスルステアリングと、ロールを安定化する設定を組み込んだPDCC(ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロールシステム)の効果。でも不思議と電子デバイスが効いている感じはなくて、とても自然なんだ。

1 / 2p