僕らのファイナルファンタジーはやっぱりホット!? メル...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第109回 MERCEDES-AMG GT R / メルセデスAMG GT R

僕らのファイナルファンタジーはやっぱりホット!? メルセデスAMG GT Rでキメる、V8“サムライ”ライフ!

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

インテリアを中心にマイナーチェンジが図られたAMG GT R。

ロングノーズのショートデッキ。かつてはスポーツクーペの代名詞だったこの車型も、AMG GTでたぶん最後になる気がする。最後と言うと語弊があるけど、ロングノーズのハードコアなFRスポーツカーはこれで最後ってことですよ。世の大型スポーツクーペは4ドア化し、FR(フロントエンジン後輪駆動)からミッドシップへ、そして4WD化する流れは止められない。スポーツクーペに一家言ある北米のカーマスターたちは、ロングノーズをやめミッドシップ化された新型コルベットを見て言うわけですよ。「欧州かよ!」ってね(笑)。あははは。

まぁ、それは冗談として、すっかり新車に興味をなくし粛々とクラシックカーに向かう、世界中のホットロッドガイの“ファイナルファンタジー”とも言える存在が、このAMG GT Rなのは間違いない。彼らにしてみれば、「俺たちが愛するロングノーズのリアルV8がメルセデスから出ちゃったよ」って感覚だろうし(笑)、むろん北米のマーケティングに焦点を当てたプロダクトという意味で、「V8のロングノーズ」にこだわるAMGは確信犯でもある。

静かなV8エンジンが幅を利かせる中、AMG GT Rのエンジンサウンドときたらヴァン・ヘイレンの「ホット・フォー・ティーチャー」よろしく、五臓六腑に染み渡る正統派V8サウンド。街角でパワーを持て余しながらテールスライドさせ、カウンターを当てつつフラフラと走り去る「ワイルド・イン・ザ・ストリート」(笑)。そんなロングノーズなV8マシンを駆るドライバーをイメージするなら、映画『フォードvsフェラーリ』のマット・デイモン演じるキャロル・シェルビーと言ったらわかりやすいか。

実際、キャロル・シェルビーが存命していたらAMG GT Rを大いに気に入っていたと思う。ロー&ワイドでロングノーズを強調しながら、その走りはレーシングカー、AMG GT3の魂を引き継いだ正真正銘のサーキット仕様なのだから。アルミのスペースフレーム構造のボディに、専用にチューンされたドライサンプ式のM178型4LV8エンジンを、コックピットにめり込ませるように近づける。このV字バンクにターボチャージャーを挟んだ「ホットインサイドV」レイアウトは、コンパクトさと連動性のよさ故にAMG GTのためにあるエンジンレイアウト。

ミッションはリアに配置したトランスアクスル式で、理想的な48:52の重量バランスを確保。AMG GT Rは後輪操舵も付いているけど、タイトなコーナーでは自らカーブを回り込むような動きをするから競技者向けの仕様と言えるはず。このプロポーションにこだわらなければ、AMGはさらに安定して速い4WDのスーパースポーツをいくらでもつくれるはずなんだ。でも、こだわる。なぜならロングノーズは、現代におけるサムライの生き方だから(笑)。もう、これに尽きるんだ。

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。