シーズン到来、フェスに行くなら新型ラングラー!? 後輪...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第83回 JEEP WRANGLER UNLIMITED SPORT/ ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ

シーズン到来、フェスに行くなら新型ラングラー!? 後輪駆動の喜びに、その楽しみはアンリミテッド!

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて9年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

見よ、このリジットアクスル感。ラングラーは悪路走破性ありきのブランドだ。

ジープの代名詞、ラングラーが11年ぶりにモデルチェンジを行った。4ドアのアンリミテッドが登場したのも前回のモデルチェンジの時で、試乗してみて「これは間違いなく売れる」と胸が高鳴った。というのも当時、2ドアのラングラーは見た目も乗り味も正統派のクロカン4駆だけどハードコアすぎて、モノ好きのためのギアという先入観を打ち破れずにいたんだ。「カッコいい」とは思ってても、リアルに自分が買うクルマと認識されないっていうのかな。4ドアのアンリミテッドは、そんな2ドアで幌を外したロールバーむき出しの“ジープ”の印象から、11年かけて乗り心地も悪くない“リアルな大型SUV”ぐらいまで、ラングラーのイメージを変えてきたのだ。
もちろん現在、ラングラーの主力はアンリミテッドで、2ドアは日本においては受注生産になった。親会社もダイムラー・クライスラーからフィアット・クライスラーに変わった。個人的にも2012年にイタリアの名門サッカークラブ、ユヴェントスの胸スポンサーがジープに変わったのは衝撃だった。アメリカの文化遺産がイタリアへっていう象徴的な出来事だったよね。
とはいえ車両は変わらずアメリカのオンタリオ州で製造してるし、ラダーフレーム構造にリジットアクスル(固定車軸)で堅牢さやタフな走破性も変わらず。今回、先代のJK型から最新のJL型に変更されて断然よくなったのは、アンリミテッドというプロダクトの深化に他ならないんだ。

本格派SUVが果たした、正常進化による深化とは。

まず今回、2Lのクライスラー製直列4気筒ターボエンジンが新しく搭載されたんだけど、これが個人的にもベストバイ。馬力はわずかにV6モデルに及ばないものの、最大トルクは余裕で上をいく。アルファロメオのジュリアやステルヴィオにも採用されてるエンジンで、とてもトルクフル(その名もハリケーンターボ)。軽量化された車体とあいまって、新装備となるセレクトラックフルタイム4×4システムとの相性も抜群なんだ。先代初期のJK型だと街乗りはほぼ2駆で走る仕様だったけど、新型はフルタイム4駆が推奨で安定感もあり快適。長距離を運転してもホント疲れなくなったね。

1 / 2p