お待たせしすぎたかもしれません。メルセデスのGクラスに...

東京車日記いっそこのままクルマれたい!

第103回 MERCEDES-BENZ G 350 d / メルセデス・ベンツ G 350 d

お待たせしすぎたかもしれません。メルセデスのGクラスに、待望のディーゼルモデルがやって来た!

構成・文:青木雄介

編集者。長距離で大型トレーラーを運転していたハードコア・ドライバー。フットボールとヒップホップとラリーが好きで、愛車は峠仕様の1992年製シボレー・カマロ改。手に入れて10年、買い替え願望が片時も頭を離れたことはない。

今回搭載したディーゼルエンジンはGクラス史上最もパワフルで、Sクラスにも採用されている。

メルセデスの新型Gクラス・ディーゼルモデルがようやくデリバリーを開始した。日本では断トツでディーゼルが売れているらしく、そのおもな理由はクラスでいちばん手頃な価格と燃費のよさ。ファミリーでGクラスに乗りたいなら間違いない選択と言えるよね。そもそもGクラスは鉄板のクロスカントリービークル(CCV)故、ディーゼルに乗りたいと考える王道派も多いはず。先代のディーゼルモデルは、まさにその趣が強かった。ワークブーツで乗り込みたいし、音も振動もバイブスたっぷり。それも一興、「夢は山野を駆け巡る」ですよ(笑)。最果ての地に行くのに、「ガソリンのV8ってナンセンス。故にGクラスはディーゼル一択」って感じかな。もちろん最果ての地に行くことはないとしてもね。

さてこの新型Gクラスのディーゼルモデルは、そんなイメージをがらりと変えてきた。高いトルクと低燃費というディーゼル車のメリットはそのままに、ディーゼルテイストは元からなかったかのように消し去られている。運転していてディーゼルのデメリットを感じるのは、車重を嫌でも意識する高速域だけ。高速域でV8モデルのG 550だと、車重に対するエンジンの圧倒的な力強さがGクラスならではの全能感を味わわせてくれるけど、物足りないのは本当にその点ぐらい。振動もほとんど感じられないほどに抑えられているし、街乗りで嬉しいトルクが効いた走り味もいい。Gクラスの場合、適度に車重を感じさせてくれるほうがその気になれていいのね。そのへんは開発側もよくわかっていて、重厚感とともに毎日乗れるGクラスとしてストレスなく使える設計にしている。

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。