「ポップでありつつ謎めいて、悪魔的な魅力がある」と 片寄明人が選んだ、...

「ポップでありつつ謎めいて、悪魔的な魅力がある」と 片寄明人が選んだ、好きなジョン・レノンの1曲とは。

文:梶原博子

片寄明人●1968年東京都生まれ。Rotten Hatsを経て94年に結成した、GREAT3のボーカル&ギター。現在までに7枚のアルバムを発表したほか、プロデューサーとしてDAOKOやTENDOUJIなど多くのミュージシャンの作品に関わる。NHK-FMで毎週日曜日に放送中の70~80年代の洋楽専門番組『洋楽グロリアスデイズ』のDJも担当。

J-WAVE「STEP ONE」の特別番組「Pen TALK ABOUT JOHN」。1月21日(火)のゲストとして登場したのは、ミュージシャンの片寄明人だ。10歳の頃にビートルズやジョン・レノンに出合ったが、ある理由で10〜20代の頃はあえて避けて通っていたという。「僕の世代だと、周りに『ビ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
「ポップでありつつ謎めいて、悪魔的な魅力がある」と 片寄明人が選んだ、...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。