ルイ・ヴィトンが大抜擢!ストリートカルチャーのカリスマ的クリエイターと...

ルイ・ヴィトンが大抜擢!ストリートカルチャーのカリスマ的クリエイターとは? Pen 8/15号「伝統をクリエイトする、ルイ・ヴィトンとヴァージル・アブロー」は8/1(木)発売です。

文:Pen編集部


165年前、旅行鞄専門店として始まったルイ・ヴィトンの歴史は、革新の連続です。時代とともに進化するメゾンは、2018年、ストリートカルチャーにおいてカリスマ的な人気を誇るクリエイター、ヴァージル・アブローをメンズ アーティスティック・ディレクターに抜擢し、業界を揺るがせました。革新繰り返し続けてきたメゾンと、いまその中核を担う男の実像に迫ります。

★特集の見どころをピックアップ!

●ヴァージル・アブロー、独占インタビュー
「世界に同じ花はふたつとして存在しない」、こんなダイバーシティのメッセージを発信する彼の思いとは?

●ヴァージルを理解するための、“必修キーワード”
・“Pyrex Vision” すべてはここから始まった。世界中で完売、プレミア化。
・“Michael Jordan” 彼から受けた影響は大きく、背中に彼の背番号“23”をデザイン。
……など

●パリ郊外で静かに受け継がれる、卓越の職人技。
約160年前に誕生したアニエールのアトリエ。メゾンのDNAであるトランクは、そのほとんどがいまもここで製作されています。

●初めてルイ・ヴィトンを手に入れた日本人は、誰だ?
これまで有力だった明治維新の元勲、後藤象二郎。それより3週間早く購入した日本人がいました。自由民権運動の指導者、板垣退助その人です。

●有名人が愛用した、メゾン特製の逸品トランク
・市川海老蔵 歌舞伎のメイクのために、使いやすさを研究して製作された鏡台型。
・アーネスト・ヘミングウェイ 作家がどこでも作品を描けるよう、書棚とタイプライターを合体。
……など

伝統をクリエイトする、ルイ・ヴィトンとヴァージル・アブロー
2019年 8月15日号 No.479 ¥694(税抜)
詳しくはこちら →https://www.pen-online.jp/magazine/pen/479-louisvuitton/
アマゾンで購入はこちらから → https://amzn.to/2GAVdB6

ルイ・ヴィトンが大抜擢!ストリートカルチャーのカリスマ的クリエイターと...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。