名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。


この秋冬、SF映画の金字塔といわれる作品の公開ラッシュが続きます。『エイリアン:コヴェナント』『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『ブレードランナー2049』そして『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』……。一方、小説界でもSFの秀作が邦訳・書き下ろし問わず次々と刊行中です。そんないま、Penは「SFの面白さを、あらためて伝えたい!」と、映画・小説・マンガの3つにジャンルで、名作から最新作までを網羅した大特集を組みました。

映画では、大注目作『ブレードランナー2049』のライアン・ゴズリング、ハリソン・フォードとドゥニ・ヴィルヌーヴ監督にインタビュー。『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』でも、主役の猿を演じたアンディ・サーキスに貴重なインタビューを行い、これまでのシリーズも一挙におさらいしています。ほかにも、やっぱり怖い『エイリアン:コヴェナント』や、SF映画で大事な仕事、「科学考証」についてレポートしています。

小説ではまず、日本SF作家クラブ会長の藤井太洋さんが、お薦め作品をピックアップ。ショートショートの名手、星 新一の偉業に迫り、現代SF文学界でロックスター的存在と言えるケン・リュウに独占インタビューにも成功しました。さらに、新作『ゲームの王国』が話題の作家、小川 哲の特別書き下ろし小説も必見です。

さらにマンガ界も話題満載。2017年日本SF大賞受賞作『WOMBS(ウームズ)』の作者・白井弓子へのインタビュー。そして日本のSFマンガ70年の歴史を、昭和から現代までの世相と重ねて図表で解説。日本人が初めて出合うSFとして、『ドラえもん』の功績もまとめました。

知的エンターテインメントの世界にじっくりはまる総力特集。想像力を膨らませて楽しんでください!

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

Pen 11月1日号(10月16日発売) 630円(税別)デジタル版463円(税別)

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

映画だけでなく小説や漫画のジャンルからも、最新作や名作を集めました。スペキュレーティブ・フィクション(思索的小説)の性格が強い作品も含め、この深遠なジャンルの魅力を探っています。※「Pen」11月1日号「SF絶対主義。」特集より。

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

特集の巻頭は『ブレードランナー2049』。主演のライアン・ゴズリングたちのインタビューを掲載しています。※「Pen」11月1日号「SF絶対主義。」特集より。

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

デッカードことハリソン・フォードのインタビューも掲載。『ブレードランナー』の世界観をつくった工業デザイナー、シド・ミードの取材も行っています。※「Pen」11月1日号「SF絶対主義。」特集より。

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

37年の歴史をもつ日本SF大賞を今年受賞したマンガ家が、白井弓子さんです。受賞作『WOMBS』は、なんと「妊婦」のような女性が戦う戦争SF。その背景について、白井さんにインタビューしました。※「Pen」11月1日号「SF絶対主義。」特集より。

名作から最新作まで、SF映画・小説・マンガを総まとめ! Pen最新号「SF絶対主義。」が好評発売中。

現在、活況を呈している日本のSF小説について、日本SF作家クラブの会長を務める藤井太洋さんに聞きました。8作家の8作を厳選して、推薦コメントを掲載しています。 ※「Pen」11月1日号「SF絶対主義。」特集より。

「映画・小説・マンガの名作から最新作まで SF絶対主義。」

2017年 11月1日号 No.439 ¥630(税抜)

アマゾンで購入はこちら