話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂...

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

写真:長谷川 潤 文:森 一起 

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

この日の定食のメニューは「豚肉の生姜焼」。たっぷりのグリーンサラダとクミンが効いたニンジンのラペ、ポテトサラダが付くので、新鮮がきちんと摂れます。ご飯と味噌汁はお代わり自由で、ドリンクバーも付いています。¥1,000(税込)

社食=社員食堂は、会社の「本当の顔」を映し出す鏡です。社員の食生活を向上させるだけでなく、広く社外にアピールしていくことで、会社のイメージを左右するメディアとしての可能性にも満ちた存在なのです。社食に新しいイメージをもたらしたヨーガンレールなど、過去にも画期的な食堂は存在したものの、その多くは社内限定。社員以外にはウェルカムな場所ではありませんでした。そんななか、2019年3月に渋谷にオープンした、IT企業・ユナイテッドの社員食堂「UB1 TABLE(ユービーワンテーブル)」は、広く一般に開かれたスペース。平日昼間のみの営業で、メニューは日替わりで、一律1,000円(税込)。定食、丼、デリプレートの3種から選べます。

この食堂のプランニングと運営を託されたのは、食通が集うことで知られる下北沢のレストラン「salmon&trout」のシェフ、森枝幹(もりえだ・かん)。サスティナブルシーフードの普及を目指すシェフの集団「Chefs for the Blue」のメンバーとしても活動するなど、いつも「食のその先」を見つめ続けてきた料理人です。これまで、ブラックバスやカミツキガメなど、食材として馴染みが薄い素材を用いてきましたが、それも決して奇を衒った訳ではなく、特定の食材ばかりに人気が集中することや、乱獲へのアンチテーゼを示すため。同時に、新たな食材を発掘することで、食べ手が「おいしい」と感じる範囲を常に拡張し続けてきた人物です。

「社食だからできることがあると思うんです。レストランはハレの場で夢を与える場所、でも、社食は毎日食べるケの場所。同じ飲食でも、まったく違うシチュエーション。だからこそ、社会に食のもつ意味を働きかける場として意味がある」と森枝シェフ。社食は、レストランの客のように食に興味がある人だけが訪れる場所ではありません。だからこそ、誰もが食べたくなるメニューに気を配りながら、シンプルな味つけで、素材そのもののおいしさに気付ける場所にしたいと考えたと言います。そのため、質のいい食材の調達には大きな力を注いでいます。それは、生産現場とのかかわり方そのものが食へのフィロソフィの表明であり、社会への影響力の基本と考えているから。そして、なによりも、おいしいからです。

店では、米は茨城県鈴木農園の無農薬米、雑穀は岩手県の尾田川農園、野菜は千葉県のくくりの森、鶏は菜彩鶏を使用。豚は、北海道の遊ぶたを、市場で人気の高いロース部分を外して一頭買いし、魚はMSC認証のものを仕入れています。どれをとっても、食への意識が高いレストランで出会うような、こだわりの食材ばかりです。毎日、おいしいと思って食べ続ければ健康になり、素材重視の食志向に変わっていく……。ひとつの社員食堂から始まった冒険は、食の未来を変える静かな革命、食のその先を考える貴重な第一歩となるかもしれません。気軽な値段もうれしいこの食堂、平日の渋谷でのランチ先候補に入れてみてはいかがでしょう。

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

デリプレートはこの食堂のアイコンともいうべき看板メニュー。日替わりで、ビーツ、キヌア、クランベリー、レッドキャベツのマリネや、フルーツとハーブのサラダなど、色鮮やかで身体に優しい野菜が盛り合わされ、コロッケや鶏の唐揚げなども入り、ボリューム満点です。「本日のスムージー」も付き、さらにご飯を付けることも可能。これで1,000円はうれしい。

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

手軽に食べられる丼も人気メニュー、この日はタイから帰ったばかりのシェフが、本場仕込みのガパオライスを披露。すべてのメニューはテイクアウトも可能です(テイクアウトの場合は900円)。

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

食堂では基本、セルフサービスです。

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

プロデューサーの森枝幹シェフは1986年生まれ。オーストラリア・シドニーの「Tetsuya’s」で修業後に帰国。割烹やホテルなどを経て、2014年に「salmon&trout」を開業、そのかたわら、さまざまな飲食店のプロデュースも行ってきました。レモンサワーブームの火付け役となった新宿ゴールデン街のレモンサワー専門店「The OPEN BOOK」の味の設計も、彼によるもの。

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂”が渋谷にオープン

社員の食生活を充実させながら、同時に社外にも働きかけていこうとするこの食堂は、社員食堂の新たな方向性を示唆しています。今後も、規格外で出荷できず廃棄される野菜や、獲り過ぎや環境破壊を考慮して収穫された魚などを使用し、自然環境を守る取り組みに積極的にチャレンジしていくそう。

UB1 TABLE (ユービーワンテーブル)
東京都渋谷区渋谷1-2-5  MFPR渋谷ビル B1F
営業時間:11時30分〜14時L.O.
定休日:土、日、祝
https://ub1table.jp

話題のシェフ・森枝幹のランチを1,000円で⁉ 誰でも入れる‟社員食堂...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。