柑橘とハーブ薫るオムレツでヴァンナチュールが進む! 気...
写真:尾鷲陽介 文:岡野孝次

柑橘とハーブ薫るオムレツでヴァンナチュールが進む! 気取らず集えるワインバー

ガゼボ
清澄白河
バラエティ豊かな自然派ワイン
季節によって具材の変わるオムレツ
パドルの加藤匡毅によるモダンな空間

「アボカドとライムのオムレツ」¥1,000(税込)。アボカドのさっぱりしたコクとライムの爽やかな味わい、バイマックル(コブミカンの葉)による柑橘系の風味がグラスワインを進ませる。アルザス産シルヴァネールなど、果実味がフレッシュな白ワインと合わせたい。日替わりのグラスワインは1杯¥1,000(税込)、ボトルは1本¥6,000(税込)〜。

“東京のブルックリン”とも呼ばれる清澄白河エリア。5月に開業した「ワインバーガゼボ」は、本家・ブルックリンの倉庫物件にも負けない天井高を誇る。採光窓も大きく、夏の午後に降り注ぐ光と風が心地いい。提供するのはパテやリエットなどのシャルキュトリーに、オムレツやコンフィ、ステーキなどフランスの食卓で...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
柑橘とハーブ薫るオムレツでヴァンナチュールが進む! 気...