新進気鋭のシェフ野田達也による新レストラン「nôl(ノル)」が、日本橋...

新進気鋭のシェフ野田達也による新レストラン「nôl(ノル)」が、日本橋馬喰町に登場。

文:Pen編集部

オープンに先駆けコラボメニューを期間限定で提供する、野田達也と佐藤伸一。

来たる4月15 日、いま食の世界でも盛り上がりを見せる東京のイーストエリア・日本橋馬喰町に、またひとつ注目のキッチンスペースがオープンする。

「DDD HOTEL」1 階にオープンする新店「nôl 」の中心となるのは、新進気鋭の料理人、野田達也。 パリで日本人初の二つ星を獲得した元「Passage 53」シェフ・佐藤伸一に師事し、新時代のスターシェフを発掘する日本最大級の料理コンペティション「RED U-35」で、準グランプリを2 度獲得した実力派だ。

nôlでは、フレンチのみならず、料理人の個性を感じるジャンルにとらわれない料理の数々と、ビバレッジディレクター・大井充のセレクトによるドリンクを、ワインと日本酒を中心に常時150 種以上提供する。

ガストロノミーを楽しむコースを提供する前半と、野菜を中心としたシンプルな料理をタパススタイルのアラカルトで用意する後半の二部制。いずれも丁寧に生産された旬の食材を用い、本来の味を引き立てる料理が提供される。コース / アラカルトで食材を共用し、コースでは活用の難しい部位をアラカルトで提供すること、また市場に流通しづらい素材を生産者から買い取り活用することで、フードロスや環境問題を意識するなど、これからのレストランのあり方を模索していくという。

ケース・リアル 二俣公一の設計による店内は、アムステルダムのデザインメディアFRAME が主催する「Frame Awards 2020」の“Best Use of Colour” を受賞している。18 席とコンパクトながら、ブルーグレーからダークグレーへのグラデーションが印象的な落ち着いた空間だ。

食に精通するゲストをさまざまなジャンルから招いたスペシャルディナーなど、イベントも定期的に実施するという。オープンに先駆けて4 月9 日~11 日には、師匠である佐藤伸一を招いた3 日間限定コラボレーションディナーが楽しめる。

人と環境に寄り添うことでこれからの食のあり方を提案してくれる、新たな視点をもったレストランだ。

コースメニューより、「ホワイトアスパラガスと白えびの桜仕立て」。

コースメニューより、「蝦夷鹿とロールキャベツ ソースシケレペ」。

コースメニューより、「蕗の薹と和牛のしゃぶしゃぶ」。

コースメニューより、「牛蒡のカルボナーラ」。

2019 年11 月開業の「DDD HOTEL」全体の設計を行なった、ケース・リアル 二俣公一の設計・デザインによる店内。「Frame Award 2020」 “Best Use of Colour” 受賞。

質の高い調理を叶える広々としたキッチン。

深いブルーグレーからダークグレーへのグラデーションによりコンパクトながら非日常を感じられる落ち着いた客席。ナチュラルなテイストの壁面や床面のテクスチャーに質の高さが滲み出る。

野田達也●1985 年、福岡県生まれ。都内フレンチレストランを経て「Passage 53」(パリ)などのレストランで研鑽を積む。世界各国でシェフやアーティストとのコラボレーションなど多彩な経験を重ねる。フリーランスの料理人として各地で活動する傍ら、「nôl」のディレクターを務める。RED U-35 2015、2019 準グランプリを獲得。

nôl  

東京都中央区日本橋馬喰町2 丁目 2-1DDD HOTEL 1F
17:30 - 22:30 (L.O. 21:30)*コース / アラカルトの二部制
定休日:火、水
https://nol.jp/

2021 年4 月15 日オープン

新進気鋭のシェフ野田達也による新レストラン「nôl(ノル)」が、日本橋...