夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

写真:藤本賢一 文・編集:久保寺潤子

記録的な猛暑に加え、コンクリートの照り返しでまるでサウナのような都会を抜け出し、いざ軽井沢の森へ! 澄んだ空気と静かな時間の流れるカフェで、贅沢なひとときを過ごしてみませんか?

夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

目の前を流れる川の音と木々のざわめきに耳を傾けながらコーヒーを飲めば、気分もクリアに。周囲の森では野鳥やリスが顔をのぞかせる。

個性豊かなシングルオリジンコーヒーが魅力、「丸山珈琲ハルニレテラス店」

世界各地の生産者を訪ね、コーヒーを通じて人をつなぐ丸山珈琲。オーナーの丸山健太郎さんが軽井沢の小さな喫茶店から始めたコーヒー店は、県内や首都圏に数店舗を展開、世界的バリスタを輩出する躍進ぶりだ。地元のスーパーやホテルとの限定ブレンドも好評を博している。ここハルニレテラス店は、丸山珈琲で唯一ブックカフェを併設する人気店で、晴れた日はテラスの脇を流れる川のせせらぎや鳥のさえずりを聞きながらのんびり過ごせる。観光客はもちろん、地元の人たちが寛いだり情報交換をしたりと、コミュニティスペースとしても活用されている。

丸山珈琲のスタイルはフレンチプレス。コーヒー豆そのものの味を伝えるため、コーヒーのフレーバーが多く含まれるオイル分を余すことなく抽出できる金属フィルターのフレンチプレスを全店で使用。地元のケーキ店から仕入れているロールケーキやブランマンジェもコーヒーによく合うと評判だ。常時約20種類はある個性豊かなシングルオリジンのコーヒーメニューには「白ワインの風味、シロップのような舌触り、ビターキャラメルのような味わい」などのコメントが並ぶ。その日の気分に合わせてお気に入りの一杯を選び、新鮮な空気の中で飲むコーヒーは、都会では味わえない贅沢な時間となるだろう。

夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

丸山珈琲の中で唯一のブックカフェ。アートやアウトドア、軽井沢関係の書籍などをセレクト。購入も可能。

夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

中軽井沢、星野エリアにあるハルニレテラス。飲食店やショップなどが共有で使えるテラスは人々の憩いの場だ。

夏の軽井沢で立ち寄るべき、おいしい水と空気が生んだ至福のカフェ4軒。

豆の個性が引き立つフレンチプレスで提供。奥:フレンチプレスコーヒー¥596(税込)~、手前:カプチーノ¥617(税込)

丸山珈琲ハルニレテラス店
長野県北佐久郡軽井沢町星野ハルニレテラス内
TEL:0267-31-0553
営業時間:8時~20時(夏期)、9時~19時(冬期)
定休日:無休
www.maruyamacoffee.com