クリームソーダにハンバーグ……。蒲田で「昭和」を味わい尽くす4軒。

クリームソーダにハンバーグ……。蒲田で「昭和」を味わい尽くす4軒。

写真:大河内禎 文:今村博幸

カツサンドは、甘さと酸味のバランスがよいソースが絶妙。若い人にも人気のクリームソーダ。

話好きの夫婦が仲よく営む、時間がゆっくり流れる喫茶店。

66年の歴史がある「チェリー」は、この辺りにかつて20軒ほど並んでいた喫茶店の中で唯一残る店だ。開店当初から変わらないのがコーヒーとサンドイッチ。卵とトーストのモーニングも定番だ。コーヒーは、日に数回ハンドドリップでマスターの指田宏明さんが淹れる。豆はオリジナルブレンド。口に含むと酸味が爽やかだ。店を続けてきてよかったとママさん。

「嬉しいのは、若いお客さんが増えたこと。新しい刺激をいただけますから」

指田さんはさらに続ける。

「私たち夫婦は人と話すのが大好き。それができるのが喫茶店です」

店内も外観も、供される食事も、経てきた時代の香りを残しながら、時代に合わせて微調整が加えられた。しかし変わらぬ懐かしい香りは、微塵も失せていないのが嬉しい。

●カフェ・チェリー
東京都大田区蒲田5-19-8
TEL:03−3735−3521
営業時館:9時〜20時L.O.
定休日:日、年末年始

外観は何度か直しているが、昭和の雰囲気がしっかり残る。店内は喫煙可。「たばこを吸いたいお客様が多いので」と郁代ママ。

店主の指田宏明さんとママ。郁代さんはご主人を紹介するのに、「とても温かい人です」と。短いが素敵な響きだ。

1 / 4p
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。
Feature Food 【スペシャルムービー】SUNTORY WORLD WHISKY「碧Ao」に共鳴する、三つ星シェフ岸田周三のあくなき挑戦。