村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

写真:安達紗希子(CROSSOVER) 文:森 一起 

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

村田倫子(むらた・りんこ)●1992年生まれ。千葉県出身。モデルとして、雑誌をはじめTV、ラジオ、広告などで幅広く活躍中。アパレルブランドとのコラボも積極的に行う。モデル界きってのカレー好きとして知られ、ファッションだけに留まらないライフスタイルにも注目が集まる。

猛暑が続くこの夏、暑い日には暑い国の料理を食べるのがいちばん。あらゆるカレーを食べ歩いてきたカレー好きの村田倫子さんが、おいしいひと皿を食べに行くならこのエリア、と挙げてくれたのは世田谷区の下北沢です。プライベートでもたびたび訪れるというお気に入りの街で、カレー欲を満たしてくれる大好きな店を教えてくれました。過去には「バズ美女」でもカレーを食べる姿を披露してくれた村田さんが、この夏お薦めする3軒とは?


1軒目「アンジャリ」:コクと旨味が凝縮された、優しい南インドカレー

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

「アンジャリ」は下北沢駅の南口からメインストリートを3区画分進んで、路地を曲がったところの半地下にあります。この看板を目印に見付けてください。

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

「エビカレー1種盛り」¥1,100(税込)。エビの出汁が使われた優しい味わいのエビカレー。カレーとは別皿で、数種の野菜のアチャールやパパド(薄いクラッカー状のもの)が添えられたライス付き。カレー2種盛りも人気。

日本料理店出身で、独学でカレーを学んだ店主・市原健一さんがつくる、コクやうまみを大切にした「アンジャリ」のカレーへの愛が止まらない村田さん。「もともと南インドやスリランカなど、南系のインドカレーが大好き。そんな中で、純度の高い南インドカレーを食べるなら、絶対にココ。『エビカレー』は、食べていて自分の身体が喜んでるのが分かります」。そのおいしさは、毎日食べてもいいと思うほどだとか。「場所も喧噪から少し外れていて落ち着くし、いい店見つけちゃった的な、そっと大切にしておきたいお店です」。

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

南インドやスリランカの料理をベースに、日本人の好みに合うようにアレンジされたカレーにスプーンが止まらなくなった村田さん。エビの殻や頭などから取られた出汁とココナッツミルクが織り成す、独特の「アンジャリ」ワールドに夢中です。

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

カレーと数種類のアチャールを少しずつ混ぜながら楽しんだあとは、すべてをひとつにしてエビカレーをかけ、ひよこ豆でつくられたパパドを割り入れて食べるのが村田さん流。テキパキした手つきは、南インドカレーに精通した彼女ならではです。

村田倫子さんいち推し!カレー激戦区下北沢で、この夏行くべき3軒。

知り合いのイラストレーターと店主がコツコツと手づくりしたアーリーアメリカン調の店内で、カントリー音楽を聞きながら南インドのカレーを食べ、特製のラッシーを飲めば、下北沢ならではゆったりとした優しい時間に包まれます。

アンジャリ
東京都世田谷区北沢2-15-11 センヤビル B1F
TEL:03-5787-6622
営業時間:12時~15時、18時~22時(月、木、金) 12時~15時(火) 12時~16時、18時~22時(土、日、祝)
定休日:水

1 / 3p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。