SNSで火がついた、ダーティブレッドとは?
BEIJING 北京

SNSで火がついた、ダーティブレッドとは?

文:原口純子

朝陽区幸福村中路にあるパン屋「面包会有的」では、1個30元でビターチョコ入りの高級路線の脏脏包を販売。photograph by Greg Mei

大量の甘いココアパウダーを振りかけたデニッシュ風のこのパン。食べると手も口もパウダーまみれになる。ところがSNSを中心に、食べた人の感想や汚れた姿の自撮り写真が出回り、一大ブームに。中国語で「脏脏包(ザンザンバオ)」と呼ばれるが、「脏」は汚いという意味。英語では「ダーティブレッド」とも呼ばれる。 最初に火がついたのは、若者に人気の三里屯(サンリトン)エリアにある「アワー・ベーカリー」の脏脏包だ。話題になるとすぐ、「味多美(ウェイドゥオメイ)」など他のパン屋でも次々に発売。天然酵母を使った脏脏包を売る店も現れ、いまでは多くの店が独自の脏脏包を販売する。ネット時代ならではの食の新ムーブメントだ。

SNSで火がついた、ダーティブレッドとは?

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。