台湾茶とコーヒーのブレンドは、どんな味?
TAIPEI 台北

台湾茶とコーヒーのブレンドは、どんな味?

文:近藤弥生子

阿里山コーヒーに合わせる台湾茶には、発酵が浅くコーヒーの風味を損なわない文山包種茶をセレクトした。 photographs by Jimmy Yang

全5種類のフレーバーが入ったセットは420元 photographs by Jimmy Yang

茶の文化が深く根付く台湾では、人々は口の中で広がる茶の余韻を大切にする。「コーヒーは後味に苦みが残るが、台湾茶のように甘さが残ったらもっとよいのでは?」。そんな台湾人らしい発想から昨年誕生したのが、台湾茶とコーヒーを絶妙なバランスでブレンドした「タイジー」。つくったのは台湾茶とコーヒーの両方を知り尽くす「デェザオカ」オーナーのジョナサン・リーだ。台湾中の茶農園を回って見つけた文山包種茶と阿里山コーヒーをブレンドした「フローレンス阿里山コーヒー」は、飲み口はコーヒーの豊潤な香りが、後味にはウーロン茶の甘さが口いっぱいに広がる。4年かけてたどり着いたという風味を、ドリップバッグで手軽に楽しめる。

Te' Zao Ka

台北市涼州街41號一樓 
最寄り駅:大橋頭 
TEL:0972-156-596 
営業時間:10時~18時 定休日:月 
www.facebook.com/tezaoka

台湾茶とコーヒーのブレンドは、どんな味?

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。