もしもヘミングウェイが、 「ビームス プラス」で新しい...
写真:加藤佳男 文:小暮昌弘
TREND | 2020SS/067

もしもヘミングウェイが、 「ビームス プラス」で新しい服を注文したら…

Willis&Geiger×MOJITO×BEAMS PLUS / Jacket&Pants

ディテールにもこだわりが満載。ジャケット¥54,450(税抜)、パンツ¥32,670(税抜)/ともにウィリス アンド ガイガー×モヒート×ビームス プラス(ビームス プラス 原宿TEL:03-3746-5851)

“メイド・イン・USA”のアイテムには時代や流行を超えた永遠の魅力をもった良品が多い。1902年、探検家のベン・ウィリスが創業した「ウィリス アンド ガイガー」もそのひとつ。サファリウエアなどで知られたブランドだが、「顧客であったヘミングウェイが、好みのセットアップをオーダーしたら」と仮定して、「ビームス プラス」が企画したのがこの一着。デザインを手がけたのはヘミングウェイをテーマにして服づくりを続ける「モヒート」の山下裕文氏。文豪のライフスタイルであったフィッシングとハンティングをイメージソースにしたノーカラーのブッシュジャケットとベルテッドパンツを新たにデザインした。これを着れば、誰もがヘミングウェイになれる。

いまでは珍しいアメリカ製。「ウィリス アンド ガイガー」はヘミングウェイだけでなく、リンドバーグやマッカーサー将軍、セオドア・ルーズベルト大統領など、アメリカの有名人に愛用された。

ハンティングウェアらしく、機能的なポケットが各所に。フロントには4つ、袖にひとつ、背面にもふたつ。ポケットのフラップのデザインも特徴的。

もしもヘミングウェイが、 「ビームス プラス」で新しい...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。