いま地球のためになにができるか、人気ファッションブランドの最新サステイ...

いま地球のためになにができるか、人気ファッションブランドの最新サステイナブル事情。<前編>

写真:青木和也 文:行方 淳

いまファッションに求められる、サステイナビリティ。人気のブランドは、どのようにアイテムに落とし込んでいるのか。最新事情を追った。


ヘルノ──素材と染色で、環境負荷を軽減。

使い勝手のいいハーフ丈のコート。ラインアップは全5色だ。各¥107,800(税込)/すべてヘルノ(ヘルノ・ジャパン TEL:03-6427-3424)

今後のコレクションを、エコサステイナブル基準を満たすアウターで構成することを目指すヘルノ。その第一弾としてのプロジェクトが、この春夏に誕生したヘルノ「グローブ」だ。いちばんのポイントはリサイクルナイロンのファブリックを使用しているという点だが、こだわりはそれだけじゃない。素材だけでなく染色も植物由来。天然色素配合率50%で、環境負荷の軽減に配慮されている。内側にそれぞれの染色の原料がグラフィックで描かれているのもユニーク。身に着ける方も、こういった証明が明確にあると、環境問題に参加できている実感がわき、どこか有意義な気持ちになる。


【関連記事】サステナブル最前線はスニーカーにあり! 身体にも、環境にも心地よく。

素材を共有したのは日本の化学素材メーカーである小松マテーレ。機能性も追求されており、もちろん撥水性も備えている。染色のベースはすべて玉ねぎの皮で、パープルならぶどう、グレーは竹炭、グリーンはオリーブ、ネイビーはインディゴが使用されている。

1 / 3p
Feature Product 写真家・保井崇志が語る、自由な旅が教えてくれた新型「アウディ A1」の魅力。
Feature Product 写真家・保井崇志が語る、自由な旅が教えてくれた新型「アウディ A1」の魅力。

次号予告

なぜ世界は、このブランドに憧れるのか?

オニツカタイガー 完全読本。