黄色いトラックスーツとともにブルース・リーを象徴する、...

黄色いトラックスーツとともにブルース・リーを象徴する、オニツカタイガーのスニーカー

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一

モデル名は「メキシコ66」。1961年に生まれたトレーニングシューズ「リンバーアップ」の特徴と、66年メキシコ大会に向けて生まれた「オニツカタイガーストライプ」が初めて搭載されたモデルのひとつであるトレーニングシューズ「リンバー」のデザインを掛け合わせて誕生したモデルだ。¥13,200(税込)/オニツカタイガー

ブルース・リーが映画『死亡遊戯』(78年)で着用したのが、黄色地に黒のストライプが入ったトラックスーツだ。『ブルース・リー伝』(マシュー・ポリー著、亜紀書房刊)には、スイスでの休暇でロマン・ポランスキーが貸してくれたジャンプスーツから着想を得たと書かれている。この印象的なトラックスーツに合わせ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
黄色いトラックスーツとともにブルース・リーを象徴する、...