映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックなファッション

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 ラウンドタイプのサングラス

『レオン』は、リュック・ベッソンが1994年に監督したフランスとアメリカの合作映画だ。『サブウェイ』(84年)、『グラン・ブルー』(88年)、『ニキータ』(90年)とヨーロッパを拠点に次々とヒット作を連発したフランス出身のベッソンが、初めてアメリカのニューヨークを舞台に製作した映画である。
“掃除人”と自らを呼ぶイタリア系移民の殺し屋レオン(ジャン・レノ)と、アパートの隣室に住み、悪徳警官らに家族を無残に殺されてしまった美少女マチルダ(ナタリー・ポートマン)との純愛を描いた作品。のちに『スター・ウォーズ』シリーズや『ブラック・スワン』(2010年)などで有名になるポートマンにとってのデビュー作で、撮影した時は、まだ12歳(13歳という説も)。都会の片隅に生きる孤独なレオンを相手に映画史上に残るヒロインを演じる。悪徳警官スタンフィールド役のゲーリー・オールドマンの狂気的な演技も見物で、後半のレオンと警官隊とのヒリヒリするようなやりとりで緊張感が高まっていく筋立て。エンディングに流れるスティングの『Shape of My Heart』が心に沁みる。何度観ても感動を覚える、時代を超越するスタンダードな映画だ。
今回はこの『レオン』から、ストイックなスタイルを崩さない主人公と、彼に憧れる小悪魔的な美少女、マチルダが身に着けていた名品について解説しよう。

モデル名は「PEI SUN-706」。リムからフレームまで、すべてクリアなフレーム。リムのデザインはクラシックなラウンドタイプで、いまでもアメリカで製作されている。¥47,300(税込)/モーゲンタール=フレデリクス

主人公レオンがかけているサングラスは、映画の冒頭のシーンで画面いっぱいに登場する。リトル・イタリーのレストランの店主で、マフィアのボスでもあるトニー(ダニー・アイエロ)が、レオンに「調子はどうか」と尋ねる。するとレオンがイタリア語で「いいよ」と応える。そして、レオンはトニーに指示された男を抹殺するためにサングランスをかけたまま向かう。レオンにとってこのサングラスは、日常から殺し屋へとスイッチする時のある種のツールだと言える。
レオンがかけているのは濃色のレンズが入った丸いラウンドタイプ。フレームがクリアになった特徴的なモデルが採用されている。レンズを濃い色にしているのは、殺し屋として、相手に目線を悟られないようにするためなのだろう。
そんなレオンのものに近いモデルが「モーゲンタール=フレデリクス」というブランドにある。1986年にニューヨークでスタートしたアメリカを代表するアイウェアブランドのひとつで、一時、日本市場では見られなくなっていたが、2016年に再上陸を果たした。洗練された雰囲気のなかに差し込まれたユニークなディテールが、他の眼鏡にはない魅力を備えている。
デザインはレオン愛用のサングラスそのものと言える。舞台になっているニューヨーク生まれというのも、何かの縁を感じるではないか。

フレームのデザインはラウンド型。コメディ映画の名優のハロルド・ロイドがよくかけたことからロイド眼鏡(メガネ)とも呼ばれる。

美しい曲線を描く、細部まで計算されたデザインで、アメリカで人気を博したアイウェアブランドとしてのプライドが香る。

美しい造形のフレーム。現在、チーフデザイナーを務めるのは、「フレデリクス」という老舗眼鏡店を引き継ぎ、このブランドの創業者となったリチャード・モーゲンタールの愛弟子のジェフ・プレスだ。

問い合わせ先/グローブスペックス ストア TEL:03-5459-8377

映画『レオン』の主人公たちが身に着けた、アイコニックな...