一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダ...

一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダンディな着こなし。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 ジェームスロックのボーラーハット

1940年5月30日、西部戦線を席巻したヒットラー率いるドイツ軍が英国に迫る中、サー・ウィンストン・チャーチルは英国の首相に就任する。首相就任演説では、「私には血と労苦と涙と汗しか提供できるものがない。しかし神が我々に与える限りの力を尽くして戦争を戦うことができる」と彼は高らかに宣言し、ドイツに傾きつつあった戦況をひっくり返し、英国を勝利に導いた。
政治家として優れた人物であったことは明らかだが、同時に彼は洒落者=ダンディとしても知られていた。身に着けるスーツは背広の故郷、ロンドンのサヴィル・ロウで仕立てたビスポークスーツ。ドレスシャツももちろんビスポークだが、ヒットラーからの空襲で、防空壕に入るために同じシャツ店で「サイレンスーツ」と呼ばれる“つなぎ”を誂えた。
朝からウィスキーを嗜み、いつも手には葉巻が手放さなかったが、その葉巻もロンドンのセント・ジェームスかジャーミン・ストリートの店で仕入れたもので、空襲に遭った時、とある店から「首相の葉巻はご無事です」と連絡が入った話は有名。いまでもロンドンの名店を訪ね回ると、チャーチルの足跡が多く残っている。今回は英国のウィンストン・チャーチルが愛用した名品を紹介しよう。

日本式では山高帽、海外ではボーラーハット、「ジェームスロック」式ではコークハットと呼ばれる帽子。チャーリー・チャップリンが映画で愛用した帽子と言えば、誰でもその帽子をイメージできるだろう。ドーム型のクラウンにカールしたプリムは唯一無二のデザインだ。イングランド製。¥85,690(税込)/ジェームスロック

ジェームズ・ヒュームズが書いた「チャーチルの強運に学ぶ」(PHP研究所刊)によれば、戦争中でも「贅沢は慎もう。だが、楽しみは別だ」とチャーチルは語ったと言われている。いつも英国紳士らしいスタイルを崩さなかった彼は、特に帽子に関して、さまざまなタイプのものを被り楽しんでいた。フォーマルなシルクハ...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダ...