一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダ...

一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダンディな着こなし。

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第2回 ターンブル&アッサーのシャツ&タイ

1940年5月30日、西部戦線を席巻したヒットラー率いるドイツ軍が英国に迫る中、サー・ウィンストン・チャーチルは英国の首相に就任する。首相就任演説では、「私には血と労苦と涙と汗しか提供できるものがない。しかし神が我々に与える限りの力を尽くして戦争を戦うことができる」と彼は高らかに宣言し、ドイツに傾きつつあった戦況をひっくり返し、英国を勝利に導いた。
政治家として優れた人物であったことは明らかだが、同時に彼は洒落者=ダンディとしても知られていた。身に着けるスーツは背広の故郷、ロンドンのサヴィル・ロウで仕立てたビスポークスーツ。ドレスシャツももちろんビスポークだが、ヒットラーからの空襲で、防空壕に入るために同じシャツ店で「サイレンスーツ」と呼ばれる“つなぎ”を誂えた。
朝からウィスキーを嗜み、いつも手には葉巻が手放さなかったが、その葉巻もロンドンのセント・ジェームスかジャーミン・ストリートの店で仕入れたもので、空襲に遭った時、とある店から「首相の葉巻はご無事です」と連絡が入った話は有名。いまでもロンドンの名店を訪ね回ると、チャーチルの足跡が多く残っている。今回は英国のウィンストン・チャーチルが愛用した名品を紹介しよう。

世界中の紳士から絶大なる支持を集めるドレスシャツとネクタイ。ドレスシャツは上質なコットンを使い、襟もしっかりとした芯地とともに仕立てており、シルクやウール生地のネクタイは締めやすく、緩まりにくい。時代を超越した存在感を感じさせる。白シャツ¥36,300(税込)、ブルーシャツ¥36,300(税込)、ネイビータイ¥20,900(税込)、ブルータイ¥27,500(税込)、カフリンクス¥40,700(税込)/すべてターンブル&アッサー

ウィストン・チャーチルがサヴィルロウで仕立てたビスポークスーツにいつも合わせていたシャツとタイは、ロンドンのジャーミン・ストリートにある老舗「ターンブル&アッサー」のものである。チャーチルはいつもネイビー地に、白のドットが入ったボウタイを身に着けており、この柄は「チャーチルドット」と呼ばれ、同店でいまでも買うことができる。
ちなみジャーミン・ストリートにあるターンブル&アッサーの店には地下1階に「チャーチル・ルーム」という一画がある。そこにはチャーチルがオーダーした時の型紙とともに「サイレンスーツ」と呼ばれる“つなぎ”が飾られている。これは第二次世界大戦中、イギリスがドイツからV-2ロケットの空襲を受ける中、チャーチルが被災地に見舞いに行く時に、正装では行きたくないとターンブル&アッサーに注文したものだ。
ターンブル&アッサーは、1885年創業で、ジョン・アーサー・ターンブルとアーネスト・アッサーによって、ロンドンのジャーミン・ストリートで紳士服店を開業したのがはじまり。ウィンザー公やスコット・フィッツジェラルドなど世界中の有名人に愛用されているが、中でも有名な顧客が、英国諜報員の007ことジェームズ・ボンドだ。映画でも初代ボンドを演じたショーン・コネリーなど、歴代のボンドのすべてが同店のドレスシャツを着用していた。
何事も一流を好むチャーチルは、シャツやタイだけでなく、ガウンも「ターンブル&アッサー」製だった。

襟に付いた織りネームには英国王室御用達の証明であるロイヤルワラントのマークが入っている。このマークはチャールズ皇太子から授かったもの。ちなみにこのシャツの襟は「ターンブルカット」と呼ばれている。襟が緩やかに立体的なS字を描き、ジャケットを着た時に、シャツの襟が首元に添って外に飛び出すのを防いでくれる。

「ターンブル&アッサー」のドレスシャツの代表的なディテールが3連のシングルカフス。他のドレスシャツにはあまり見られない仕様で、クラシックなテイストが香る。

これが「チャーチルドット」と呼ばれるドットのボウタイ。もちろんチャーチルは最初から結び目がつくられているタイプではなく、自分で結ぶデザインのボウタイを愛用していた。¥13.750(税込)/ターンブル&アッサー

問い合わせ先/ヴァルカナイズ・ロンドン TEL:03-5464-5255

一番いいものだけを求めた、ウィンストン・チャーチルのダ...