ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...

ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラーの英国定番スタイル

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第3回 フレッドペリーのポロシャツ

ポール・ウェラーは1958年生まれ、イングランド出身のミュージシャン。77年、パンクを象徴するバンド、ザ・ジャムのボーカリスト&ギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、モッズ・スタイルの伝道者として注目されました。10枚目のシングル『ゴーイング・アンダーグラウンド』が全英1位に輝き、イギリスにおけるナンバーワンバンドと評されるまでになりました。しかし、約6年間活動し、人気絶頂のうちにバンドは解散してしまいます。83年にはバンドのオルガンプレーヤーだったミック・タルボットとザ・スタイルカウンシルを結成。このバンドではパンクと決別したかのようにポップを貫き、洒落たサウンドを披露していました。84年に発表されたファーストアルバム『カフェ・ブリュ』は世界中で高い評価を受け、日本でも大ヒット。音楽性とともに注目を集めたのは、彼の高いファッションセンスでした。英国を中心にした定番アイテムを基本にしながらも、どこか彼の巧みなセンスが光る着こなしは際立ちました。ソロになってからは自分でファッションブランドを運営していたこともあります。
今回はそんなファッション好きのミュージシャン、ポール・ウェラーが着こなしたアイテムを紹介します。

「M12」というフレッドペリーの定番モデル。英国のカルチャーやモッズ、パンクファッションといったミュージックシーンで多く着用された名品です。¥12,960(税込)/フレッドペリー

今年の夏、『LONDON RHAPSODY』という素敵な写真集が出版されました。著者はカメラマンでもあるトシ矢嶋氏。セックス・ピストルズ、ザ・フー、ボーイ・ジョージ、ボブ・マーリィ、ブライアン・フェリー、デヴィッド・ボウイなど、ロンドンで活躍していたミュージシャンの写真と彼が書いたエッセイが掲載された素敵な本です。その表紙を飾っているのが、1983年に撮られたポール・ウェラーの写真。着こなしはというとポロシャツにホワイトのコットンパンツ、足元はボートモカシンにホワイトソックスという組み合わせでした。
この本で、矢嶋氏は英国のファッションについて言及するポールの話を載せています。
「イギリスのファッションっていうのは、イギリス発祥のスポーツと関連が深いと思う。ゴルフ、テニス、クリケット、ポロ、サッカーにラグビー……こういうスポーツが世界に広まったと同時に、英国のファッションも受け入れられたんだ。フレッドペリー、ベン・シャーマン、ハリントン・ジャケット、ローファー、プリンス・オブ・ウェールズ柄のズボンとかね。こういうのがアメリカに輸出されると、アイビー・リーグに浸透していったんだ」
英国で誕生した「フレッドペリー」のポロシャツをポール・ウェラーは愛用していました。そのポロシャツを着る時は、ボタンをいちばん上までかけるのがポール流です。スポーティなイメージのポロシャツが彼の端正な顔立ちと相まって、ファッショナブルなアイテムへと変身します。そんなクールな着こなしを、当時、どれだけ多くの若者が真似たことでしょうか。

「M12」には、襟と袖に「ディップライン」と呼ばれる2本のラインが入っています。その名の由来は、フレッドペリーが12番目にデザインしたこと。1957年の誕生以来、イングランド製にこだわってつくり続けられています。

創業者は史上初めてグランドスラムを達成したテニスプレーヤーのフレデリック・ジョン・ペリー。ブランド創設の際に協会から正式に許可をもらい、それまで使われていた月桂樹をロゴマークにした逸話があります。

「M12」は通称「Fred Perry Shirt」と呼ばれるほど定番のアイテムです。豊富なカラーバリーションをもち、誕生から半世紀以上過ぎてもイングランド製で生産されています。各¥12,960(税込)/フレッドペリー

問い合わせ先/フレッドペリーショップ東京 TEL:03-5778-4930

ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...