ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...

ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラーの英国定番スタイル

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第1回 アクアスキュータムのステンカラーコート

ポール・ウェラーは1958年生まれ、イングランド出身のミュージシャン。77年、パンクを象徴するバンド、ザ・ジャムのボーカリスト&ギタリストとして鮮烈なデビューを飾り、モッズ・スタイルの伝道者として注目されました。10枚目のシングル『ゴーイング・アンダーグラウンド』が全英1位に輝き、イギリスにおけるナンバーワンバンドと評されるまでになりました。しかし、約6年間活動し、人気絶頂のうちにバンドは解散してしまいます。83年にはバンドのオルガンプレーヤーだったミック・タルボットとザ・スタイルカウンシルを結成。このバンドではパンクと決別したかのようにポップを貫き、洒落たサウンドを披露していました。84年に発表されたファーストアルバム『カフェ・ブリュ』は世界中で高い評価を受け、日本でも大ヒット。音楽性とともに注目を集めたのは、彼の高いファッションセンスでした。英国を中心にした定番アイテムを基本にしながらも、どこか彼の巧みなセンスが光る着こなしは際立ちました。ソロになってからは自分でファッションブランドを運営していたこともあります。
今回はそんなファッション好きのミュージシャン、ポール・ウェラーが着こなしたアイテムを紹介します。

ナビゲーター/小暮 昌弘法政大学卒業。学生時代よりアパレルメーカーで勤務。1982年から(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『Men’s Club』で主にファッションページを。2005年から2007年まで『Men’s Club』編集長。2009年よりフリーに。(...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ロックスターのなかでも特にセンスが光る、ポール・ウェラ...