好敵手、ボルグとマッケンローがテニスウエアをファッショ...

好敵手、ボルグとマッケンローがテニスウエアをファッションアイテムに変えた。

文:小暮 昌弘 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤 成一
イラスト:Naoki Shoji

第1回 「フィラ」のジャケット&パンツ

プロテニスプレイヤー、大坂なおみが全米と全豪オープンの女子シングルスを日本人で初めて制覇し、日本でもテニスが大きくクローズアップされています。
いまから40年近く前の1980年、テニス史に残る名勝負がありました。それはウィンブルドン選手権の男子シングルス決勝です。戦ったのは、スウェーデン出身の“氷の男”ビヨン・ボルグ(当時24歳)と、ニューヨークの“悪童”ジョン・マッケンロー(21歳)です。風貌もプレースタイルも大きく異なる2人。試合は1−6、7−5、6−3と進み、第4セットはタイブレークの末、マッケンローがこのセットを獲得、誰もがマッケンローに勝負の流れが移ったと思いますが、ボルグが最終セットを8−6と接戦で取り、ウィンブルドン5連覇を達成しました。時間にして3時間53分。テニス史に刻まれたこの壮絶な試合は、2017年に『ボルグ/マッケンロー 氷の男と炎の男』のタイトルで映画化もされました。
世界中でどれだけの人がこの試合に興奮し、彼らのプレースタイルを真似てテニスをしたでしょうか。そして、2人が着ているユニフォームやラケットや靴を手に入れようと躍起になったことでしょうか。
いまでこそ普通になったファッションの文脈で語るスポーツミックス。インスピレーションのもとはこの頃だったのかもしれません。
今回は1970〜1980年代にテニスで世界中を熱狂させた2人の男たち、ビヨン・ボルグとジョン・マッケンローの愛用したものを紹介します。

ナビゲーター/小暮 昌弘
法政大学卒業。学生時代よりアパレルメーカーで勤務。1982年から(株)婦人画報社(現ハースト婦人画報社)に勤務。『25ans』を経て『Men’s Club』で主にファッションページを。2005年から2007年まで『Men’s Club』編集長。2009年よりフリーに。(株)LOST &FOUNDを設立。現在は、『Pen』『GQ』『Men’s Precious』などで作文を担当。

「ウィンドアップJK」と名付けられたジャケットは、ポリエステルにポリウレタンを混紡し、撥水とストレッチ機能が備わっています。ハーフパンツはポリエステル100%で、吸水速乾、UVカット機能があります。ジャケット¥15.984、ハーフパンツ¥8,532/ともにフィラ

ビヨン・ボルグは1956年、スウェーデンに生まれます。少年の頃よりテニスに興じていた彼は、72年にプロデビューを果たし、正確無比なトップスピンのストロークを武器にして、18歳で早くも全仏オープンに勝利しました。この頃から着用していたのが、イタリアのスポーツブランド「フィラ」です。5連覇をかけたウィンブルドンの試合でも「F-ボックス」と呼ばれる独特なロゴを胸やパンツの裾に配した「フィラ」のウエアを着ていました。
「フィラ」は、1911年、イタリアのビエラでニットの素材ファクトリーとして産声を上げました。70年代に入るとコットンリブ素材を開発し、この素材を使ったスポーツウエアを販売、それまで白一色だったテニスウエアのイメージを大きく変えたブランドとして知られています。
『POPEYE物語』(椎根和著 新潮社刊)には「『フィラ』の登場はテニス・シーン以外でも衝撃的な印象を与えた。落ちついたラインと大胆な色彩の面、その組み合わせ方、実力ナンバーワンだったボルグと専属契約を結んだこと。日本の巷には、早くフィラが欲しい、欲しいとの声が強まった」と書かれています。このようにボルグが着たことによって、「フィラ」は上陸前から日本で注目されていたのです。ちなみに相手のマッケンローもデビューの年には「フィラ」を着ていたという話もあります。
今回紹介するのは、当時を彷彿させるデザインのジャケットとハーフパンツです。伝統の「F-ボックス」のロゴマーク、白をベースにしたトリコロールの配色が、いかにも「フィラ」らしく、洒落ています。スポーツの場面だけでなく、街着としても着ることもできます。

胸の「F-ボックス」のロゴはボルグが着たことで世界的に有名になりました。当時はヨーロッパだけでなく、マッケンローの母国、アメリカ・ビバリーヒルズの高級テニスショップもいち早く「フィラ」を扱い、人気のブランドになりました。

「ウィンドアップJK」の裏側はスポーツウエアらしく、メッシュ素材になっています。裾は調整できる仕組みになっています。

「ウィンドアップJK」の背中はベンチレーション機能があります。裏地もメッシュになっていますし、通気性は抜群。スポーツからカジュアルスタイルに快適に着こなせるジャケットです。

問い合わせ先/フィラ カスタマーセンターTEL:0120-00-8959

好敵手、ボルグとマッケンローがテニスウエアをファッショ...

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。