ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...

ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッションアイコンだった理由。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第5回 「ベルルッティ」のローファー

誰もが15分なら有名人になれる。いずれそんな時代が来るだろう——ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルの有名な言葉です。1960〜80年代に大活躍したウォーホルは、キャンベル・スープ、マリリン・モンローなどの作品で知られ、20世紀を代表する巨匠のひとりと言われています。絵画だけでなく、音楽や映画などのプロデュース、雑誌まで発刊するなどマルチメディアアーティストの先駆けとなった人物です。また、ウォーホルはファッションアイコンとしても知られ、多くのパーティやイベントで撮られた写真が残されています。意外にも着こなすアイテムはベーシックなデザインの名品ばかり。ボタンダウンシャツ、ジーンズ、ローファーなどが、銀髪のかつらをかぶった彼の手にかかると、まるで彼の作品のような斬新で、ポップなアイテムに見えてくるから不思議です。そんなアンディ・ウォーホルが愛した名品をひも解いてみましょう。

素材は同ブランドを代表する「ヴェネチアレザー」で、透明感ある深い色合い。パティーヌを施すために開発されました。「パティーヌ」とはレザー全体を染めるのではなく、絵を描くように表面に色をのせていく手法です。これは「アンディ」の今季の新作です。¥277,560(税込)/ベルルッティ

「ベルルッティ」はフランスの至宝とも呼ばれるシューズブランドです。創業者はイタリア出身のアレッサンドロ・ベルルッティで、彼がパリにスゥ・ムジュール(ビスポーク)の靴工房を開いたのが、1895年。ウィンザー公、ジャン・コクトー、エディット・ピアフ、フランソワ・トリュフォーなど、世界中に多くの顧客...

この記事はPen Membership会員限定記事です。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
最新号プレゼントも実施中!
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ポップアートの旗手、アンディ・ウォーホルが、ファッショ...