ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、ト...

ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、トラッドな愛用品。

文:小暮昌弘(LOST & FOUND) 写真:宇田川 淳 スタイリング:井藤成一
イラスト:Naoki Shoji

第4回 オックスフォードのワークブーツ

1977年制作の映画『アニー・ホール』。NYを舞台に男女の恋と別れを綴ったラブストーリーで、映画の出来も素晴らしいのですが、主演したウディ・アレンとダイアン・キートンの着こなしは、いまでもとても参考になります。ウディ・アレンは、いつもツイードジャケットに小柄のチェックシャツ、パンツはプリーツが入ったチノパンを合わせ、黒のセルフレームと相まって、ナードな雰囲気を醸し出しています。ダイアン・キートンの着こなしもセンス抜群です。太めのチノパンにベストを合わせたマニッシュなスタイルで、世界のファッショニスタを魅了しました。映画の中でも、リアリティある彼らの着こなしは、重要な役割を果たしています。今月紹介するのは、まさに1970年代から80年代にかけてのスタイルのお手本ともいえる、ウディ・アレンの愛用した品々です。第4回は彼が映画で履いていたワークブーツです。

モデル名は「#9895 アイリッシュセッターオックスフォード 」が正式。色は「ゴールドラセット セコイア」。1950年代に6インチのブーツ、チャッカブーツなどとともにリリースされたモデルが原型です。白のクレープソールがトレードマークです。¥40,824(税込)/レッド・ウィング

映画の横に長い画面サイズでは、俳優の足元まで映ることは稀です。しかし『アニー・ホール』は、1970年代のニューヨークのトレンドを象徴する映画です。ツイードのジャケットを着こなすウディ・アレンが足元をどんな風に装っているか、気になるのも当然です。映画の中で何度か、足元まで映るシーンがあります。画...

閲覧できる記事数の上限に達しました。
続きを読むには、会員登録(無料)が必要です。
登録して記事を読もう
今すぐ登録
会員の方はこちら
ウディ・アレンが映画『アニー・ホール』で着こなした、ト...

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。