“着るバッグ” が便利すぎて。流行が続いてほしいと願う...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.59 “着るバッグ” が便利すぎて。流行が続いてほしいと願うこの夏。

Snow Peak

世界のモードブランドがこぞって「ストリートスタイル」を打ち出す時代になりました。その背景には第一線で活躍するファッションデザイナーが、サブカルチャーに勢いがあった1990年代に影響を受けた「ストリート世代」ということがあります。ともに育ったスポーツ、アウトドア、ワーク、ミリタリーこそが “クール” であり、それがいまの街中の流行に結びついているのです。

この風潮の中でタウンアイテムに昇格したのが、収納力が高い「ユーティリティベスト」。今年の春夏シーズンもポケットが多い “着るバッグ” が、多くのブランドから登場しています。アクティブな日常とリンクするベストは、散歩や旅行にも実に便利です。流行を越えて定着することを願ってやみません。

ここではタイプの異なる3着を紹介します。まず最初は上写真のオールホワイトモデル。ボタンまで同じ色で揃えられたクリーンな味わいです。白Tシャツの上に重ねる同系色レイヤードもよく似合います。キャンプ用品を展開する「スノーピーク」によるこのベストは、アウトドアウエアでありつつもタウン映えするライトな仕上がりです。

シンプルながらポケットの数が多いのも特徴。フロントの大ポケットに加え、両サイドと裾の内側にもあります。服の生地は20世紀半ばの軍服や登山服で用いられた、防水性のある「ベンタイルコットン」。頑丈な高密度の織りで、活動的な夏にぴったりです。

ベストの裾の内側には、2つのオープンポケットが。
記事冒頭のベスト ¥25,920(税込)/スノーピーク(スノーピーク ユーザーサービス TEL:0120-010-660)

1 / 2p

次号予告

ファッションについて 語るときに あの人の語ること。