「パラブーツ」の足元カブりはもう心配なし! ひとクセあ...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.43 「パラブーツ」の足元カブりはもう心配なし! ひとクセあるシューズを、リニューアルした青山店で発見しました。

Paraboot

気になるブランドの靴を初めて買うなら、最も望ましいのは、直営店に足を運ぶことです。サイズも色数も豊富に揃っていますから、選択の幅が広がります。店のスタッフと、靴底の貼り替えなどのサービスについて相談できるメリットもあります。さらに、購入を考えていた靴以外のユニークなシューズに出合えるのも、直営店の楽しさです。

今回の「着る/知る」は、2018年8月21日にリニューアルオープンした「パラブーツ青山店」で取り扱われている、直営店ならではの希少性のあるシューズを3足紹介します。「パラブーツ」はラインアップの大半が定番モデルで、素材や色を変えてシーズン毎にアップデートされています。このアレンジにより、定番がまったく新しい印象になる面白さも見逃せません。

まず最初にお届けするのは、1945年に誕生したチロリアンシューズの「ミカエル」。日本でパラブーツが注目され始めた80年代から人気が続く、同ブランドの代表作です。上写真の一足は、モダンなワントーン配色で、大きな特徴はアッパーのヌメ革。日焼けで色が濃くなり、履き方によって色ムラも変わっていくエイジング仕様です。初登場したのは、2018年春夏シーズン。新品状態をキープしたい人には不向きな、でも革の味わいが好きな人にはたまらない魅力にあふれた個性派です。

記事冒頭の「ミカエル」の製法は、2重ステッチが特徴の、雨水の侵入を防ぐノルウィージャン・ウェルト製法。
「ミカエル」¥70,200/パラブーツ(パラブーツ青山店 TEL : 03-5766-6688)

1 / 2p

次号予告

創刊500号記念・完全保存版

愛用品と、ともに。