90年代ミニマリズムの再来か! “ロック”ではない「ト...
構成、文:高橋一史
写真:宇田川 淳

Vol.39 90年代ミニマリズムの再来か! “ロック”ではない「トムウッド」のデニムラインに大人心がザワつきます。

TOMWOOD

「ミニマリズム」という言葉を聞き、そのファッションスタイルが頭に思い浮かぶのは、アラフォーからアラフィフの人でしょうか。1990年代にモードデザインの方向性を決定づけたのがミニマリズムです。その名の通りディテールに無駄がなく、シルエットもすっきりとスマート。色彩は黒白モノトーンを中心としたソリッドカラー。知的で洗練されたスタイルでした。この時代に生まれた新発想のデニムは、従来の作業着のイメージを払拭し、都市生活者の新しいワードローブになりました。当時最も影響力があったのは、「ラング ジーンズ(ヘルムート ラング)」、「ckカルバン クライン」、「A.P.C.」といったブランドでした。

ここに紹介するのは、ジュエリーブランドとして世界中で人気を博している「トムウッド」が、2017年にスタートさせたデニムラインです。ほつれや修繕といった加工が、デニムにグラフィカルなリズムを与えています。あたかも、90年代のミニマリズム精神でつくられた現代のデニム、といった都会的なムードが感じられるのです。掲載の2着(上写真)は、ブラックという色も新鮮に映ります。上下をセットで着る難易度の高い着方をしてもサマになるでしょう。

ここにはロックスタイルのようなハードさも、ワークウェアの野暮ったさもありません。「トムウッド」は先端感覚の、ダボッと肩が落ちるトップスやワイドなパンツも展開しています。デザインの拠点はノルウェーで、生産はイタリア。ニュートラルな北欧のテイストと、服づくり大国のクオリティとが融合したのが、彼らのデニムラインなのです。ファッション経験値の高い大人こそがよく似合う、このコレクションにぜひご注目を!

記事冒頭の写真右のデニムシャツは、ウエスタンシャツのボタンやヨークにインスパイアされたデザイン。左のパンツは、修繕跡でグラフィックを表現した一本。ヒップポケットはノーステッチで、イタリアの革を使った小さな黒のパッチも、ブランド名の刻印のみのさりげなさ。

シャツ ¥56,160(税込)、パンツ ¥39,960(税込・参考価格)/ともにトムウッド(ステディ スタディ TEL:03-5469-7110)

1 / 2p

次号予告

商店街・純喫茶・銭湯・ヒーロー・歌謡曲…ほか

昭和レトロに癒やされて。